Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

朝に洗顔しないケアで肌の負担を低減!肌断食の方法と取り入れるコツ

肌断食

肌本来の力を引き出してくれる「肌断食」と呼ばれるスキンケアをご存知でしょうか。今までクレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、メイクとたくさんのスキンケアアイテムを重ねてきた方は、同時に肌に負担をかけてきたかもしれません。
これまでのスキンケアを全て止めることで、肌の自然な力を引き出し、美肌への効果を期待する肌断食。ここでは、洗顔やスキンケアがニキビに与える影響、肌断食に期待できること、肌断食の方法や取り入れるコツをご紹介します。

洗顔やスキンケアがニキビに与える影響

ニキビができやすい方は、洗顔やスキンケアを一度見直してみる必要があります。無意識に行っている日常のスキンケアに問題点はないかチェックしてみましょう。

皮脂の落としすぎが乾燥につながる

ニキビの原因の一つは過剰に分泌された皮脂です。そのため、洗顔で、皮脂をしっかりと落とすことはニキビの改善によいように思います。ところが、洗顔をしすぎると逆効果になる場合があります。皮脂を落としすぎてしまうと保湿成分であるセラミドなどもいっしょに洗い流してしまい、肌の乾燥につながってしまう可能性があります。

肌の乾燥はバリア機能を弱め、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすくなります。それがニキビの症状の悪化につながることがあるのです。乾燥肌を防ぐためにも洗顔のしすぎは避けましょう。

過度のケアが肌トラブルをまねく

ニキビケアのために保湿などのスキンケアを欠かさず行っているという方も多いでしょう。確かにニキビの改善のためのスキンケアは大切ですが、過度のスキンケアは肌のターンオーバーを遅らせることにつながり、古くなった角質が肌にいつまでも残ってしまうのです。肌に残った角質は毛穴に詰まって酸化し、ニキビの原因になってしまいます。

このように、健康な皮膚のためにと思って行っている過度な洗顔やスキンケアが逆に皮膚を傷めている可能性があります。

朝に洗顔しない「肌断食」に期待できること

今まで続けていたスキンケアを止め、肌断食に取り組むとどのような効果が期待できるのかご紹介します。まず基礎的な知識から理解していきましょう。

肌断食の基礎知識

「肌断食」とは、メイクやスキンケアを止めて肌を休ませることです。肌への刺激やダメージを減らして、美肌を目指すために行われます。朝に洗顔料を使わないのも、肌にできるだけ負担をかけないためです。
メイクをしていなければ、ぬるま湯だけで十分に皮脂汚れを落とせますし、皮脂の落としすぎを避けて、過剰な皮脂分泌を防げます。これは、肌質や季節によって、皮脂の分泌が少ない場合にも適した方法です。

基本的に、洗顔後は何も付けないようにしましょう。化粧水くらいつけなければ、乾燥するのではと不安になるかもしれませんが、肌にはもともと、保湿機能やバリア機能がそなわっています。何もつけないことで、その働きが引き出されやすくなるのです。

肌断食に期待できること

肌断食は、肌が本来持っている自然治癒力の回復が目的です。肌のバリア機能が十分に発揮されることでニキビの原因となるアクネ菌の増殖が抑えられますし、肌荒れの原因となる紫外線やウイルスなどの外敵が肌の内部に進入するのを防いでくれます。

また、肌が健康な状態になるとターンオーバーが正常化し、新しい肌細胞が生まれやすくなります。新しい肌細胞が古くなった肌細胞に置き換わっていくので、肌の表面には常に若くてみずみずしい肌細胞が存在するようになります。自然と潤いのある肌になり、これによってニキビや吹き出物だけでなくシミやソバカスなど、肌トラブル全体の改善が期待できます。

肌断食のスキンケア方法

肌断食のスキンケア

それでは次に、肌断食のスキンケア方法についての具体的にご紹介します。

洗顔はぬるま湯と純石鹸で行う

洗顔はぬるま湯だけ、または純石鹸(無添加石鹸)を使用して行います。クレンジングや洗顔料は使用しません。熱すぎる水では必要な油分まで取り去ってしまい乾燥をまねくので、注意しましょう。

純石鹸は石鹸素地、水、グリセリンのみでできているものを指します。界面活性剤が配合されておらず、肌への負担が少ないのが特徴です。購入するときは、香料や保湿成分などが配合していないか確認しましょう。

いきなりすべてのスキンケアを止めるのは難しいですから、徐々に減らしていくとよいでしょう。まずはメイクを軽くしてクレンジングの負担を減らすなど、できることから始めましょう。

洗顔後のスキンケアは控える

肌断食では、洗顔後は化粧水、美容液、クリームなどを一切付けないのが一般的です。これは肌への負担を避けるためです。肌の乾燥やつっぱりを感じるかもしれませんが、少しであれば気にする必要はありません。肌に保湿力が備わっていれば自然の力で肌がしっとりとしてきます。

乾燥が気になる場合はワセリンで保湿する

人によっては、かさつきや乾燥がひどい場合もあるかもしれません。肌が乾燥しやすい場合は、少量のワセリンを気になる箇所へ薄く塗るとよいでしょう。ワセリンは、必要最低限の成分が配合された、刺激の少ない保湿剤です。肌断食を始めたばかりの頃は、強い乾燥を感じることがありますが、元の化粧品に戻るのではなく、ワセリンを上手に利用してみるとよいでしょう。

ワセリンにはたくさんの種類があり、商品によっては不純物が多く含まれているものもあります。肌断食に適したワセリンはプロペトやサンホワイトなどです。これらは医療機関で使用されるワセリンに近く、精製度が高いのが特徴です。

肌断食を取り入れるコツ

今まで行っていたスキンケアを急に止めるのはとても勇気がいるのではないでしょうか。そこで、ご自身のライフスタイルに合わせて無理なく始められるプチ肌断食の方法と気軽に取り入れるコツをご紹介しますので、是非参考になさってください。

週末だけ肌断食をする

金曜日の夜から日曜日にかけて化粧を控えるだけでも肌の状態をリセットでき、ニキビの改善に効果があります。週末の肌断食の方法は通常の肌断食と変わりません。
基本的に洗顔はお湯か純石鹸を使い、汚れを落とした後は化粧水などの基礎化粧品を始め、ファンデーションなども塗らずに過ごします。どうしてもメイクが必要な場合はファンデーションの代わりに刺激の少ないベビーパウダーを使ったり、ポイントメイク程度で済ませたりするのがおすすめです。

本当に肌断食の効果を実感したい場合には数ヶ月続ける必要がありますが、短期間のプチ断食でも肌の負担を大きく減らせます。しかも、自分の肌が長期間の断食に耐えられるのかどうかを判断することもできるのでよいでしょう。

朝に洗顔料を使って洗顔しない

朝の洗顔はぬるま湯だけで行います。前日の夜に汚れを落としておけば、翌朝の洗顔の負担を抑えられます。両手を丸めて水を溜め、ゴシゴシこすらないように優しく顔に押し当てます。タオルで拭く際も肌に押し当てるようにして、こすらないようにします。

日中の仕事でメイクをする場合は、夜の洗顔でクレンジングが必要な方もいるでしょう。夜のクレンジングでの負担を減らすために、ぬるま湯や石鹸だけで落とせる化粧品を使用するとよいでしょう。また、クレンジングではなく天然のホホバオイルを使うと肌への負担が軽減されます。

肌断食の注意点

肌断食を日常にうまく取り入れたとしても、続けていく中で違和感があれば一度立ち止まってみましょう。肌断食には注意点がありますので、始める前に次の点を踏まえておきましょう。

変化を実感するまでに時間がかかる場合がある

効果が出るまでにはある程度長い時間が必要であることを覚悟しなくてはなりません。最低でも数ヶ月から一年は続けないと目に見える効果は期待できません。
また、断食直後は肌の環境が急激に変化するため、一時的にニキビが悪化したり、強く乾燥したりすることがあります。この時期に肌断食をやめてしまう方が多いのですが、この時期を乗り越えないと本当の効果が望めません。
なお、アトピー性皮膚炎をお持ちの方の中には肌断食により症状が悪化してしまうことがあるので、肌断食を行いたい場合は医師に相談しましょう。

自分の肌質やライフスタイルに合わせて行う

肌断食が実生活においてあまりにも非現実的であれば無理をして取り入れるべきではありません。敏感肌やアトピー性皮膚炎などの肌質や、ご自身のライフスタイルによっては、肌の状態が悪化するおそれがあるため、肌断食を控えた方が好ましい場合もあります。
実際に、この肌断食が向いていない方もいらっしゃいます。皮脂分泌が多い場合や、日常的にメイクをする場合には、洗顔料を使用して皮脂や汚れをきちんと落とした方がよいでしょう。
季節の変わり目は体の免疫が落ちており、肌の調子もバランスを崩しがちです。肌質やライフスタイル、季節を考慮して取り入れましょう。

肌断食をきっかけにご自身の肌と向き合う

肌断食の方法や取り入れ方、注意点についてご理解いただけましたでしょうか。
洗顔料、クレンジング、化粧水、美容液、メイクのための化粧品などによって、私達の肌は毎日知らず知らずのうちに刺激を受けています。また洗顔によって過剰に皮脂を取り除いたり、肌に摩擦を与えてしまったりしています。
長年のスキンケアで疲れたお肌を休ませてリセットすることで、本当に自身に必要なスキンケアが分かるかもしれません。

日常生活に浸透させるのは難しい方も、まずは「夜だけ」「週末だけ」とできる範囲でチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

参考URL

・By Birth「極上美肌が手に入るかも?医師&美容家が推奨するスキンケア方法とは」
https://bybirth.jp/press/archives/165894
・赤池クリニック「肌断食」
https://www.akaikeskincare.com/members/face/hadadanziki.html

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top