Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

保湿

「ニキビケアはまず肌を清潔に保つこと。そのためにはまず洗顔!」と思っていませんか?

10代の肌は新陳代謝が活発なので、1日に何度も洗顔したくなる気持ちはよくわかります。「ニキビケア=洗顔」は間違いではありませんが、洗顔後の保湿が何よりも大切です。大人だけでなく10代のスキンケアでも保湿は必要なのです。思春期ニキビに適した化粧品の選び方と効果的なニキビケアについてご紹介します。

ニキビに保湿が必要な理由

ニキビケアでは洗顔だけでなく保湿も必要です。洗顔後、何もケアしない状態でいると、肌が乾燥しうるおいを補おうと皮脂が分泌され、かえってニキビが悪化する原因になることもあります。

脂分と水分のバランスを保てる

思春期ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌により肌に菌が増殖することですが、肌にとって適度な脂分も必要です。大切なのは脂分と水分のバランス。肌をしっかり保湿し肌に水分を補うことで、脂分量と水分量のバランスがよくなります。これにより肌のバリア機能の働きが期待できるのです。

肌のターンオーバーを整えられる

肌はターンオーバーと呼ばれる、肌の新陳代謝によって日々生まれ変わっています。ターンオーバーの周期はおよそ28日ですが、この周期が乱れると肌のバリア機能が低下してしまいます。肌を保湿することで肌のバリア機能を回復させ、正常な新陳代謝を促すことにつながります。ターンオーバーが促進され、古い角質層が新しく生まれ変わることで、できてしまったニキビ跡が残りにくくなり、肌の状態を清潔に保ちやすくなるのです。

角質の毛穴詰まりを抑えられる

皮脂が分泌され毛穴が詰まることで、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖し、ニキビが発生します。この状態で肌が乾燥すると角質が厚くなり、さらに毛穴が詰まりやすくなってしまいます。ニキビ肌でもしっかり保湿をすることで、角質が柔らかくなり不要な老廃物が外に出やすくなります。

ニキビ肌を保湿ケアする際のポイント

肌の保湿は大切ですが、ただ化粧品をつければよいというわけではありません。保湿ケアにはポイントがあります。

手を清潔にする

まず洗顔前に手を洗うことは基本です。手には見えない雑菌や汚れが多く付いているため、洗顔料で手を洗うことになり、洗顔料の効果が十分に発揮されず顔の汚れをきちんと落とすことができません。またできれば洗顔後すぐに保湿ケアを行いましょう。髪や服、机などを触るとすぐに手に雑菌が付き、その雑菌が顔に付いてしまうと新たなニキビの原因になることもあります。ニキビに雑菌は禁物です。もしあちこち触ってしまったら手を洗い、保湿ケアの前には必ず手を清潔にしましょう。

化粧品は適量を使う

ローションや乳液など、どの化粧品にも適量があります。「もったいないから」と量が少なすぎると十分に保湿できず、逆に「早く効果があらわれて欲しいから」と多く使いすぎると水分と脂分のバランスが悪くなる可能性があります。説明書をよく確認し、記載がない場合は500円玉1個分程度の量を使用するとよいでしょう。

優しく肌になじませる

化粧品をつける際は適量を手に取り、優しく肌に押し込むようになじませます。ローションをコットンでつける場合は、コットンの繊維が肌の刺激になる恐れがありますので、優しく肌になじませる程度にしてください。また化粧品の浸透力を高めたいと、パッティングでパタパタと肌を軽く叩きながらなじませる人もいますが、これも肌に負荷を与えるため行わないでください。特にニキビができて赤みがある箇所をパッティングすると、さらに炎症が悪化することになります。

ニキビ改善のために効果的な商品選びのポイント

ニキビケアを効果的にするためには、ニキビの元となる原因菌を殺菌しつつ、保湿力に優れた商品を選ぶことがポイントになります。

保湿力

これまで説明してきたとおりニキビケアには保湿が大切です。保湿成分を豊富に配合した化粧品を選びましょう。プロアクティブの商品は天然の保湿成分をバランスよく豊富に配合していいます。植物由来の成分のため、乾燥肌や敏感肌など肌タイプを選ばず使うことができます。

殺菌力

ニキビケアには殺菌作用のあるサリチル酸を配合した薬用化粧品を選びましょう。サリチル酸はニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌してくれますので、肌を清潔に保ちやすくなります。プロアクティブの商品は、薬用洗顔料や薬用美容液などに配合されています。

消炎力

ニキビ肌はアクネ菌により肌が炎症している状態です。消炎効果がありニキビの炎症を和らげる成分がグリチルリチン酸ジカリウムです。プロアクティブの薬用ジェル状クリーム「スキンコンディショニング セラム」にはこの有効成分が含まれているだけでなく、ニキビを予防し肌のキメを整えてくれる商品です。

浸透力

ニキビに効果的な有効成分が肌にしっかりと吸収される、浸透力がある化粧品であることも大事です。プロアクティブはニキビのための有効成分がプロアクティブ+3ステップ全てに配合されていますが、新技術「スマートターゲット? テクノロジー」を採用し、その成分を肌の角質層に届けることができます。

コメドの予防力

「コメド」とはニキビの初期段階の症状で、毛穴に皮脂や角質などが詰まり白くプチッと盛り上がっている状態です。初期段階といっても油断をしてしまい放置することで、炎症を起こし赤ニキビになることや、赤ニキビがさらに悪化し膿がたまった状態の黄ニキビになることもあります。「せっかくニキビがよくなったと思ったのにすぐにニキビができてしまう」という方は、コメドが原因かもしれません。

新しいニキビを予防するには、「ノンコメドジェニック」の商品を選ぶことが大切です。ノンコメドジェニックとは、化粧品を皮膚につけ、コメドが発生しにくい商品かどうかをチェックするテストです。プロアクティブの商品は、ノンコメドジェニックテスト済みです。

ニキビケアでは基本のケアを丁寧に行いましょう

ニキビ肌の人は自分ではオイリー肌だと思っているかもしれません。しかし実は肌の水分量が不足しているため、肌を乾燥から守ろうと皮脂が余分に分泌されている状態の「隠れドライ肌」の人もいます。肌がベタベタするのが嫌だからと、せっかくローションで保湿をしたのに乳液や保湿クリームなどをつけない人もいますが、脂分でふたをしないと水分が蒸発し肌が乾燥してしまいます。

「ニキビがなかなかよくならない」という人は、今のニキビケアを見直してみてはいかがでしょうか。自分に合った、ニキビに有効な成分が配合された薬用化粧品を使用することも大事ですが、クレンジングでしっかりと肌の汚れを落とす、保湿をきちんと行う、といった肌にとって基本的なケアを丁寧に行うことがニキビケアでは実は重要なのです。

また「若いうちのニキビだからすぐ治ると」思っても油断は禁物です。炎症を起こしたニキビがニキビ跡として赤く残り、色素沈着を起こすこともあります。将来的にファンデーションで隠しきれないシミになるかもしれません。できてしまったニキビはすぐにケアし、できるだけ新しいニキビができないよう肌を健やかな状態に保てるよう心がけましょう。

関連ページ:肌質別の正しいニキビケアと予防も併せてご覧ください

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top