Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ対策にパックは効果的?肌に合う商品の選び方と使う際の注意点

肌荒れのとき、スキンケアのお助けアイテムとして頼もしいのがフェイスパックです。最近はかわいいデザインやユニークなデザインのシートマスクがたくさん登場していて、使うだけで気分も上がりますよね。でも、ニキビ対策としてフェイスパックを使いたい場合は要注意です!使い方を間違うと、逆効果になる可能性も…。この記事では、ニキビ対策に効果的なパックの選び方と使い方のポイントについて紹介します。

パックのニキビへの効果とは?

フェイスパックはおうちで手軽にできる美容方法ですが、そもそもニキビ肌の人はパックをしていいのでしょうか?また、パックをするとニキビにどんな影響があるのでしょうか?

パックでニキビが悪化する主な理由

一口にパックといってもさまざまなタイプがあります。女性に広く愛用されているのはシートマスクです。美容成分をたっぷり染み込ませた顔の形のシートをのせるだけで、誰でも手軽に使えるものです。また、市販のシートマスクを購入しなくても、コットンに化粧水を染み込ませて肌にのせるとコットンパックになります。このほかにも、しばらく肌にのせて乾燥したら剥がしたり拭き取ったりするペースト状のパックなどがあります。

まず知っておきたいのは、パックは適切な方法で行わないとニキビを悪化させる可能性があるということです。パックでニキビが悪化する主な理由は「乾燥」と「刺激」です。

乾燥

さまざまなタイプがあるパックは、その素材によっては肌から水分を奪ってしまう可能性があります。特に注意したいのは、ペーストを肌にのせて乾燥させてから剥がすタイプのパックで、パックが刺激になって肌の乾燥を促進させてしまうことがあります。また、シートパックやコットンパックを行う場合は放置時間に注意しなければいけません。長くパックをするほど肌がうるおうわけではなく、逆に乾燥を招くことがあります。

刺激

パックは落とすときの刺激で肌を傷つけてしまう可能性もあります。乾燥させて剥がすタイプのパックは、古い角質、毛穴の汚れ、産毛などをくっつけて除去してくれますが、本来は健康な肌に残すべき角質まで奪ってしまうことがあります。拭き取るタイプのパックも、拭き取り時の摩擦が肌を刺激してしまうので、ニキビ肌にはNGです。

含まれている成分に注目すると、エタノールなどアルコール系成分入りのパックには要注意です。アルコール系成分が入っているとスーッとする清涼感や肌のひきしめ効果が期待できますが、ニキビ肌にとっては刺激が強いといえます。

肌に適したパックで、ニキビ対策は可能

このように一部のパックは肌の負担となるので注意が必要ですが、種類や使い方に配慮すればパックを有効なニキビ対策にできます。肌には外部刺激や乾燥に対抗するバリア機能があり、保湿効果が高く刺激の少ないパックで肌にうるおいを与えれば、自ずと低下したバリア機能が回復していきます。肌環境が整えばニキビも早く治りやすくなります。

肌に適したパックで、ニキビ対策は可能

ニキビ対策に適したパックの選び方

では、ニキビ対策では数あるパックの中からどのようなタイプを選べばいいのでしょうか?キーワードは「保湿効果」と「抗炎症効果」です。

保湿効果の高いパックを選ぶ

まず注目したいのは、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど保湿成分です。

ヒアルロン酸は多くの水分を蓄える力があり、肌から水分が蒸発するのを抑えて肌表面の水分をキープするのに役立ちます。コラーゲンは真皮の中にあり肌の弾力に影響する成分ですが、コスメとして肌に塗る場合は真皮まで届きません。しかし、ヒアルロン酸と同じように水分を蓄える保湿成分としての役割が期待できます。セラミドは皮膚の表面に最も近い角質層にあり、化粧品で補うことで水分が逃げにくくなります。

これらの配合されたシートパックで肌を保湿すると、バリア機能が働きやすくなり、乾燥や摩擦などの外部刺激から肌を守りやすくなります。そして肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーのサイクルが正常な周期に近づいていき、健康な肌環境を取り戻していけるのです。

保湿はニキビ肌のケアの基本です。ニキビは過剰な皮脂分泌から毛穴の詰まりを起こすことで生じますが、その根本には肌の水分不足が潜んでいる場合もあります。肌のうるおいを補おうとして皮脂分泌が活発になっているのです。今あるニキビを悪化させず、新しいニキビをつくらないために、パックを選ぶときは保湿成分に注目してみてください。

抗炎症効果が期待できるパックを選ぶ

赤みを帯びたニキビ跡で悩んでいる人におすすめなのは、ミネラル成分、植物エキスなど抗炎症効果が期待できるとされる成分です。カミツレエキス、カンゾウエキスなどに注目してみてください。

ニキビ肌の人がパックをする際の注意点

ニキビ肌に合うパックを選んだら、正しい使い方をすることが大切です。パックのケアを安心して取り入れるには、「頻度」と「時間」を守って使うようにしましょう。

パックは1週間に1度行う

「ニキビを早く治したいから毎日パックを使いたい」「洗顔後に毎回使えば、効果が現れるのも早いの?」と考える人もいるかもしれませんね。でも、パックを連日使うのはおすすめできません。なぜなら、パックのしすぎで肌に余分な水分や油分を与えてしまうことがあるからです。パックをする頻度が高いと、パックに含まれる成分が肌に含まれすぎて、テカりや毛穴の詰まりなどを引き起こす可能性があります。

パックをするなら、スペシャルケアとして1週間に1回を目安に行うようにしましょう。スキンケアの中では美容液にあたるものなので、洗顔後に化粧水が完全に肌になじんだあとにパックを肌にのせるようにしてください。ただし、商品によっては化粧水の代わりとして毎日使えるタイプもありますので、商品パッケージなどに書かれた使用頻度を確認してから使うようにしましょう。

パックは時間を守って使う

パックでケアをするとき、「成分をしっかり肌に浸透させたいから、パックの時間を長めにしよう」「指定通りの時間だと短くてもったいない気がする」と思っていませんか?パックは、週に1度のスペシャルケアとして時間をかけて行いたくなるものですが、肌のうるおいをキープするには、商品パッケージに表示されている推奨時間を守ることが重要です。

シートタイプのパックを長時間放置すると、最初は肌もシートもうるおっていますが、次第にシートの水分が蒸発して失われていきます。すると今度は肌の水分まで蒸発してしまい、乾燥につながっていくのです。パックをしたまま寝てしまうのはNGです。肌の乾燥→皮脂の過剰な分泌→毛穴の詰まり→アクネ菌の繁殖→ニキビという悪循環を招かないために、時間を守って使いましょう。

パック

手強いニキビは皮膚科に相談

ニキビ肌にパックを検討している人は、自己流のスキンケアに限界を感じているのかもしれませんね。ニキビやニキビ跡がなかなか治らないときは、皮膚科に相談してみましょう。

ニキビ保険診療で治療できる

クリニックに行くのはお金が心配な人も多いはずです。しかし、ニキビ治療は保険診療から始めることができます。日本皮膚科学会がつくったニキビ治療のガイドラインに沿った治療としてニキビをできにくくするアダパレンという塗り薬や、抗生物質の塗り薬や飲み薬があり、3割負担で処方してもらえます。また、症状によってはニキビの中にたまった皮脂を清潔な専用器具で押し出して除去する処置を行ってもらえることもあります。

きれいに治したいなら自由診療

まずは保険診療を行ってみて、もっと効果を実感したい人やニキビ跡を目立たないようにしたい人は自由診療に進む方法もあります。代表的な治療はケミカルピーリングで、薬品を使用して古い角質や毛穴汚れを取り除き、肌環境を整える効果が期待できます。このほかにも、ケミカルピーリングと組み合わせて行うと効果的なイオン導入などもあります。ただし費用は3割負担ではなくなるので注意が必要です。

自宅で手軽に使えるフェイスパックは美肌づくりに効果的ですが、なんとなく使うのでは効果を発揮しきれません。種類や成分に注意して選び、頻度と時間を守って使うことで、有効なニキビ対策になります。あなたのニキビケアにも賢く取り入れてみてくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top