Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

大きいニキビを治すには?適切なケアの仕方とメイクで隠す方法

スキンケアをサボったり生活習慣が乱れたりすると、顔や体に大きいニキビができてしまうことがあります。でも、なんとか目立たないようにしたいからといって大きいニキビを自分で潰すのはNG!正しい対処法を知っておかないと、ニキビ跡になってしまうことも…。
大きいニキビと上手に付き合っていくにはどうすればいいのでしょうか?この記事では大きいニキビができた時のケアの仕方や、部位別の上手な隠し方についてご紹介いたします。

大きいニキビができる原因

おしゃれを楽しめるように、顔も体もニキビのない美肌でいたいですよね。そもそも、大きいニキビはどうやってできるのでしょうか?

大きいにきびはなぜ

ニキビができる主な仕組み

ニキビは、皮脂が過剰に分泌して毛穴に詰まることから始まります。毛穴の中では詰まった皮脂を栄養源にしてニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖してニキビとなります。この時炎症がどんどん進んでしまうと、赤くなったり膿を持ったりした大きいニキビができることがあります。

では、皮脂が過剰に分泌してしまうのはなぜでしょうか?その理由は、大きく分けて内的要因と外的要因があります。
内的要因は生活習慣の乱れ、ストレスの蓄積などによるホルモンバランスの変化が影響していて、第二次性徴真っ只中の10代の場合は体が大人になる準備でホルモンバランスが崩れることも影響します。一方、外的要因は紫外線、メイク、間違ったスキンケアなどが影響しています。

大きいニキビができやすい部位

大きいニキビが特にできやすいのは、鼻、おでこ、顎、背中といった皮脂分泌がもともと多い部位です。特に顎はホルモンバランスの乱れが影響しやすいといわれています。
また、背中は手が届きにくく目視でも確認しにくいため、余計な油分をきちんと取り除けていなかったりニキビの悪化に気づきにくかったりするため、症状が進行しやすいです。

大きいニキビができるまでの進行段階別の特徴

ニキビが大きくなるまでには4つの段階があります。まず初期の段階の「白ニキビ」や「黒ニキビ」は面皰(めんぽう)という症状で、毛穴が詰まって中に皮脂が溜まっている状態です。

白ニキビや黒ニキビがアクネ菌の増殖によってさらに進行すると、丘疹(きゅうしん)という症状の「赤ニキビ」になります。炎症を起こしているので、かゆみや痛みを伴う場合があります。赤ニキビは大きいニキビになっていくことがあります。

赤ニキビがさらに進行すると、膿疱(のうほう)という症状の「黄ニキビ」になります。ニキビの中に黄色い膿が溜まってしまい、かゆみや痛みを伴うほか治ってもニキビ跡が残る可能性が高いといえます。赤ニキビと同じように大きいニキビになっていくことがあります。

大きいニキビを根本的に改善する方法

もし大きいニキビができてしまったら、どう対処すればいいのでしょうか?毎日の生活ですぐに取り入れられるポイントを紹介します。

生活習慣の改善

食事の見直し

あなたはごはんのかわりにお菓子を食べたり、嫌いな食べ物が多かったりしませんか?美肌のためには栄養バランスの整った食事をとることが大切です。また「チョコレートを食べ過ぎたらニキビができやすいな」と感じたらお菓子を控えるなど、自分の肌のコンディションを注意深く観察しましょう。

また、部活動や塾などで忙しくて、就寝直前に夕食をとったり夜食を食べたりしていませんか?就寝直前に食事をとると、胃が消化活動を続けるため眠りが浅くなり、ホルモンバランスの乱れにつながることがあります。
睡眠不足は美肌の大敵。就寝時間の3時間前までには食事を終えるように心がけましょう。

ストレス解消

ストレスはホルモンバランスに影響します。勉強や人間関係などで悩みを抱えている人は、意識的に趣味の時間やリラックスする時間をとるようにしてみましょう。特に趣味がないという人も、熱すぎないお風呂にゆっくり浸かったり、気分転換に部屋の片付けをしてみたりと、家の中でもできる気分転換の方法はいろいろあります。

ストレス解消

適度な運動

運動すると血行や新陳代謝がよくなり、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーの正常化に役立ちます。一般的に、有酸素運動が、肌のターンオーバーの正常化に効果的とされているので、ヨガやウォーキング、ジョギングなどがおすすめです。

正しいスキンケア

皮脂汚れが気になるからといって、一日に何度も顔を洗っていませんか?洗った直後はスッキリ感がありますが、皮脂の落としすぎはかえって乾燥を招き、さらなる皮脂の過剰分泌につながります。

洗顔料を使った洗顔は1日2回までにとどめ、髪の生え際や顎などに泡を残さないよう、すすぎをしっかり行いましょう。洗顔後は化粧水や乳液、クリームなどの基礎化粧品で十分な保湿を心がけます。

皮膚科での治療

生活習慣や日々のスキンケアを見直したり、市販薬を塗ったりしても大きなニキビに変化が見られない場合は、皮膚科の先生に相談してみましょう。
皮膚科のニキビ治療は、ニキビに一定の圧をかけて膿を取り除く圧出という処置を行ってもらえる場合があります。ホルモンバランスを整える働きのある内服薬や、抗炎症・抗菌作用のある塗り薬を処方してもらえます。
このほか、自費診療なので高めの費用負担が必要になりますが、肌の生まれ変わりをサポートするピーリングビタミンCのイオン導入なども可能です。

大きいニキビの隠し方【部位別】

大きなニキビが治るまでにはある程度の時間がかかります。ニキビがよくなるまでの間、上手にカバーして目立たなくさせる方法を紹介します。

おでこ、鼻

おでこや鼻にできた大きいニキビは、メイクで隠しましょう。化粧下地とリキッドファンデーションを塗った後、ニキビをカバーしたい場所にコンシーラーを塗ります。パウダーファンデーション派の人は、コンシーラーを先に使用します。

また、大きいニキビが赤みを帯びている場合はコントロールカラーを使うのがおすすめです。コンシーラーを塗る順番は、化粧下地の後です。肌の赤みを抑えるには、赤の補色であるグリーン系のコンシーラーを選ぶと効果的です。

「学校がメイクNG」「メイクせずにカバーしたい」という人には、韓国コスメから人気のニキビ用パッチや、タトゥーや傷跡などをカバーできる肌に直接貼るファンデーションテープで隠すのがおすすめです。上からメイクを重ねることもでき、指や髪が直接触れることもないのでニキビを外部刺激から守ることもできます。

顎の大きいニキビを手軽に隠したいのは、外出時にマスクを着用する方法が手軽です。ニキビを隠すだけでなく、紫外線や花粉など外部の刺激から肌を守ることもできるので、大きいニキビが余計に悪化するのを防げます。

ただし、マスクの素材や摩擦が肌への刺激になる場合があるので、自分の顔にフィットするサイズを選びましょう。また、マスクの内部に雑菌が付着したまま使い続けると治りが遅くなるので、清潔を保つために1日に1回以上取り替えるようにしましょう。

背中

背中を露出する機会があり大きなニキビを隠したい場合は、ボディメイクでカバーしましょう。ボディメイク専用のサロンを利用すると、特殊メイクに使うエアブラシなどでニキビの赤みをカバーして目立たなくさせてくれます。

大きいニキビを隠す時の注意点

Tゾーンや髪の生え際は皮脂分泌が活発で、シャンプーのすすぎ残しも発生しやすいため、ニキビができやすい場所です。前髪をおろすと目立ちにくくなりますが、汗で蒸れて余計にニキビを悪化させてしまう可能性もあります。

大きいニキビと上手く付き合っていくには、隠すことにこだわりすぎないことも大切です。ニキビを早く治したい人は、髪をヘアピンやヘアゴムでまとめておきましょう。外出中は隠しておきたいという人も、帰宅後はヘアバンドなどで髪を上げて過ごすのがおすすめです。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top