Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ肌を改善したい!主な対処法とおすすめのスキンケア商品

思春期を過ぎると、急に増えてくるのがニキビ。おでこや鼻などのTゾーンを中心に、ニキビが顔全体にポツポツと広がると、どうしても目立ってしまいます。さらに、炎症が悪化した場合、色素沈着を起こして、ニキビ跡が残ってしまうので厄介です。気になるニキビ肌をなんとかしたいという思いは、誰もが同じ。皮膚科でニキビ治療を受けなくても、自分でできる対処法があります。ここでは、ニキビ肌を改善する方法と対策についてご紹介します。

ニキビ肌の基礎知識

ニキビの基礎知識を身につけることが、ニキビ肌を改善する最初のステップです。そこで、まずニキビができる仕組みや原因について詳しく見ていきましょう。

ニキビができる仕組み

ニキビの発生は、過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴に詰まることから始まります。毛穴が詰まると、ニキビの原因となるアクネ菌がたまった皮脂をエサにして繁殖し、肌に炎症を起こすのです。炎症を起こした肌は、膿を持ち、白くぷくっと膨らんだニキビとなります。
ニキビは進行するにつれ、毛穴が詰まった白ニキビ、皮脂が黒く酸化した黒ニキビ、炎症を起こして赤みを帯びた赤ニキビ、黄色っぽく膿んだ黄ニキビへと変化していきます。段階に応じて、痛みやかゆみを伴う場合もあるでしょう。
白→黒→赤→黄と色が変わるにつれて治りづらくなるので、早めにケアすることがニキビ肌を改善するカギになります。

ニキビ肌になる原因

ホルモンバランスの乱れ

一般的に、ニキビは思春期ニキビと大人ニキビ(吹き出物)に大別されますが、思春期ニキビの場合、ホルモンバランスの乱れが主な原因といわれています。ホルモンの分泌量が変化すると、過剰な皮脂分泌が促されて、ニキビができやすくなります。睡眠不足、栄養バランスの悪い食生活、ストレスの蓄積、喫煙習慣などは、ホルモンバランスを乱す要因となるため、日々の生活習慣を見直すことが大切です。
また、女性の場合は、生理周期とともにホルモンの分泌量が変化します。女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの分泌量が増える生理前には、ニキビができやすいといわれています。

外的刺激

外からの刺激もニキビ肌になる大きな要因となります。クレンジング・洗顔のしすぎ、触りすぎ、こすりすぎなどには注意が必要です。また、紫外線、花粉なども肌に影響を与えます。元来、私たちの体には紫外線や摩擦などから肌を守る機能が備わっていますが、ホルモンバランスの乱れや外的刺激によってこのバリア機能が低下すると、肌のターンオーバーが乱れ、皮膚に老廃物が蓄積されやすくなります。この状態では、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖しやすくなるので、ニキビができてしまうのです。

外的刺激

ニキビ肌の改善を促す方法

ニキビができる原因やメカニズムがわかったところで、ニキビ肌の改善を促す具体的な方法についてご紹介しましょう。

ホルモンバランスを整える

毎日の食生活を見直して、バランスのとれた食事を心がけましょう。特に、ニキビの改善に関わる栄養素として、肌の回復を促すビタミン類(A、B2、B6、C、E)は積極的に摂取したいものです。また、ホルモンバランスに影響を与える睡眠不足や過剰なストレスを解消することも大事。軽い運動をする、カラオケをする、趣味に打ち込むなど、没頭できる時間をつくって、心身をリラックスした状態に整えましょう。

スキンケアを丁寧に行う

ニキビ肌のスキンケアは、洗顔で肌を清潔に保つことが第一歩です。サリチル酸が配合されたニキビ用の洗顔料を使用すると良いでしょう。ただし、洗いすぎはNG。かえってニキビの症状を悪化させかねません。洗顔の回数は1日2回に留めてください。

顔を洗い終わったら、タオルで強くこすらずに、優しく押さえるように拭きましょう。ニキビができていても決して手で触れないようにしてくださいね。洗顔後や入浴後には、化粧水・ローションや美容液、乳液、クリームなどを使用して十分に保湿することが必須です。ニキビ用の保湿化粧品も販売されています。

ニキビをはじめとする肌トラブルを避けるには、紫外線を浴びないようにすることが大切です。曇りの日や屋内でも紫外線のダメージを受けていることが多いので、紫外線予防は年間を通して行ってください。花粉の飛散が活発になる季節には、マスクを着用するなどして、花粉によるニキビの悪化を防ぎましょう。

ニキビ肌のケアにはプロアクティブ+がおすすめ

ニキビ肌のスキンケアには、ニキビに悩んでいる人のために開発された「プロアクティブ+」がおすすめ。ライン使いをすることで、トータルでニキビケアができます。

ニキビ肌の保湿に効果的!アドバンストセットとは

洗顔料、美容液、ジェル状クリーム、化粧水の4点セット。ニキビ肌のトータルスキンケアとして使用できます。ニキビケアはもちろん、角質ケアにも使えるのが嬉しいですね。乾燥や肌荒れを防ぐ効果が期待できると注目を集めている、美容液新製品の『アドバンスト クリアスキン トリートメント』も含まれています。肌質や年齢、性別を問わない処方だから、思春期ニキビから大人ニキビまで対応OK。ニキビ肌だけでなく、乾燥肌や敏感肌など、どんな肌タイプの人も使用できます。

アドバンストセットの特徴

薬用洗顔料:スキン スムージング クレンザー

殺菌作用の高い有効成分サリチル酸を配合。ニキビの原因となる菌にアプローチします。肌あたりの良いソフトスクラブが、古い角質や皮脂をすっきりオフ。保湿成分を数多く配合しているので、洗顔後でもつっぱり感のない、うるおいのある肌をキープできます。

美容液:アドバンスト クリアスキン トリートメント

プロアクティブの新しい独自技術「コンビアクティブ™ テクノロジー」を採用。乾燥を防ぎながら、なめらかでクリアな肌へと導くニュータイプの化粧品です。ゆらぎがちな肌を4つのケアで、気になるニキビ肌をトータルサポートします。

引き締め:キメを整え、肌をひきしめ毛穴を目立ちにくくします。
保湿:肌に潤いを与え、健やかな状態に保ちます。
肌荒れ改善:肌荒れを予防し、バリア機能をケアしあます。
油分のバランスを整える:油分のバランスや質を整え、素肌を健やかに保ちます。

薬用ジェル状クリーム:スキンコンディショニング セラム

植物エキスが豊富に含まれており、保湿効果が高いのが特徴です。さらに、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合。ニキビを予防しながら角質層に潤いを与え、肌のキメを整えます。

薬用化粧水:リバイタライジング トナー

有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウム配合。過剰な皮脂を取り除いて、ニキビを防ぐ薬用化粧水です。肌を引き締めながら、水分と油分のバランスを調整する働きがあります。

正しいホームケアでニキビ肌とサヨナラしよう

マスク

ニキビができると、早く治そうとしてあれこれケアをしていませんか?間違った対処法では、なかなかニキビ肌を改善できません。美肌を守るためには、無駄なお手入れを省いて、本当に必要なスキンケアを取り入れることが大切です。その点、プロアクティブ+のケアは、いたってシンプル。洗顔料、美容液、ジェル状クリーム、化粧水の4つのステップで、ニキビ肌をトータルでケアします。スキンケアや生活習慣を見直して、しつこいニキビとサヨナラしましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top