Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ肌のベースメイク|肌の負担を減らすアイテムとメイク後のケア

メイクをきれいにし仕上げるためには、ベースメイクが基本になります。「でも、ニキビ肌にベースメイクを施したら、ニキビを刺激して肌トラブルになるのでは」と心配する方もいるでしょう。ベースメイクのアイテムには様々な種類があります。肌の負担を減らすアイテムを使用し、ニキビ肌のベースメイクを学んでみてはいかがでしょうか。この記事では、ニキビ肌のベースメイク方法や、アイテムの選び方のポイントをご紹介します。

ニキビ肌向けのベースメイクアイテムの選び方

ニキビ肌の場合、肌に負担がかからないベースメイクアイテムを選ぶ必要があります。具体的にどのようなアイテムが適しているのかみていきましょう。

ニキビ肌に使うベースメイクアイテムの選び方

ノンコメドジェニックテスト済みの製品を選ぶ

ノンコメドジェニックテスト済みとは、一定期間、ニキビの初期症状である「コメド」が現れなかった製品のこといいます。肌への刺激が少なく、ニキビの原因になりにくい処方がされているので、ニキビ肌の方におすすめです。

ニキビを自然に隠せるタイプの製品を選ぶ

ニキビを隠そうとして、ベースメイクを厚塗りしてしまうと、肌への負担が重くなりニキビ肌を刺激してしまいます。少量でナチュラルにカバーできるものを選ぶようにしましょう。

ニキビ肌におすすめのファンデーションとは

ファンデーション

ニキビ肌には、パウダーファンデーションがおすすめです。パウダータイプのものは、カバー力には欠けますが、ニキビの原因となる油分が少なく、毛穴に詰まりにくいため肌にやさしいアイテムです。特に、ミネラルファンデーションは天然鉱物が主な成分になっているので、よりニキビ肌に刺激の少ないアイテムなのです。

リキッドファンデーションやクリームタイプは、カバー力が高く人気のコスメですが、カバー力が高いということは、肌への密着度も高くなり肌への負担が大きいことになります。また、油分を多く含んでいる製品もあるため、ニキビの原因になる皮脂を増やすことにつながるので注意が必要です。リキッドタイプのものを使用したい場合は、ニキビ肌用に処方されたものを選びましょう。

また、ウォータープルーフ機能があるものも、ニキビ肌には負担が大きいので避けるようにしましょう。カバー力が高いファンデーションやウォータープルーフ機能があるファンデーションは、洗い流す際も落としにくいため、洗浄力が強い洗顔料を必要とします。

しかし、洗浄力が強いもので洗顔すると、必要な皮脂まで除去してしまい、肌が乾燥して皮脂の分泌を促すことになりかねません。また、洗浄力が弱ければメイクが肌に残りやすくなり、毛穴を詰まらせる原因になるので、肌トラブルにつながりやすくなります。つまり、マイルドな洗顔料でもメイク汚れを落とせるファンデーションが、ニキビ肌に向いていることになるのです。

ニキビ肌向けのベースメイクの方法

紫外線防止

ベースメイクで使用するアイテムには、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーなどがあり、それぞれにニキビ肌をカバーする役割があります。

化粧下地

下地は、ニキビ肌のベースメイクをする上で、大事な基礎を作ります。化粧下地をメイク前に塗ると、その後使用するアイテムが肌に密着しやすくなります。化粧下地は、肌の凹凸を目立たなくし、肌表面をなめらかに見せる働きがあるので、ファンデーションのノリが良くなるのです。

化粧下地の色選びにも注目してみましょう。グリーン系、イエロー系の化粧下地を使うと、ニキビ肌に起きやすい赤みやくすみを目立たなくする効果が期待できます。

化粧下地には日焼け止めを兼ねているもの、また日焼け止めに化粧下地を兼ねているものもあります。紫外線はニキビ肌を乾燥させ、ニキビの悪化や肌荒れにつながることもあるので、一年を通して紫外線対策は怠らないようにしましょう。

日焼け止めを兼ねる化粧下地を選ぶときは、製品の表示SPF、PAを確認してください。数値が高く、「+」が多くなるほど紫外線をカットできますが、それだけ肌に負担がかかることも知っておきましょう。

コンシーラー

ニキビや目の下のクマなどを隠すアイテムです。コンシーラーでニキビが目立つ箇所を隠すことで、ファンデーションの厚塗りを避けることができます。
コンシーラーには、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプなどがあり、小さいニキビにはペンシルタイプ、赤みのあるニキビにはリキッドタイプを使用するなどして、ニキビの状態に合わせて使ってみてください。

また、使用するコンシーラーの色を使い分けると、ニキビを目立たなくしますよ。
炎症して赤みのあるニキビにはイエロー系のコンシーラーを、治りかけの茶色ニキビや赤黒いニキビ跡には、肌の色よりもワントーン暗い色のコンシーラーを使用してみてくださいね。コンシーラーの色を間違えると、メイクの仕上がりがナチュラルではなくなるので、気を付けましょう。

ファンデーション

肌にあるシミやそばかすなどを隠し、色ムラを均一にするアイテムです。
ファンデーションは、ニキビ肌を隠すためだけでなく、肌を紫外線や乾燥などの外的刺激から守る働きもあります。ニキビ肌にはお化粧はNGと思われがちですが、肌を守るためにもファンデーションは使用した方がよいのです。但し、肌に負担がかからないファンデーションを選ぶ必要はあります。
パウダータイプのファンデーションを、肌当たりが良い、やわらかなパフで、やさしく肌にのせてみましょう。

フェイスパウダー

ファンデーション後の肌をなめらかに仕上げて、化粧崩れを防ぎやすくするアイテムです。肌に、より負担の少ないメイクがしたい場合は、ファンデーションの代わりにフェイスパウダーのみを使ってみるのもよいでしょう。

肌に負担をかけないベースメイクを

ベースメイクに関連する製品には様々なものが溢れかえっています。その中で、ニキビ肌に向いているアイテムを選ぶには、ニキビ肌に負担がかからないものを、自分で選択する知識が必要になります。ニキビ肌を改善して美肌手に入れるために、ベースメイクアイテムを上手に選び、メイク後の適切なケアもしっかり行ってくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top