Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

ニキビ跡(痕)の赤みの原因とは?正しいニキビケアを覚えよう

「すぐ治ると思ったニキビ跡の赤みが、なかなか引かない…」と困っていませんか?メイクを無理に厚塗りしたり、ニキビ跡を何度も触ってしまったりすると、それらが刺激になって炎症を悪化させ、赤みのあるニキビ跡が残る原因になります。上手に隠して乗り切りながら、赤みの原因にアプローチしていきたいですよね。この記事では、ニキビ跡の赤みが引かない原因、ニキビ跡の赤みに効果的なケアやメイクでカバーする方法について解説します。

ニキビ跡(痕)の赤みが引かない原因

ニキビが治って痛みもないのに、ニキビ跡の赤みが残ってしまうのはなぜでしょうか。原因は、発生からどれくらい時間が経っているかによって異なります。

ニキビ跡の段階

ニキビ跡にもいろいろな段階があります。赤みがある段階、色素沈着で茶色くなった段階、クレーター状のでこぼこが残った段階、黒ずんだ段階などです。この中でもニキビ跡が赤みを帯びているのはまだ軽症なので、ケア次第で赤みを目立たなくしていくことは可能です。

ニキビ跡に赤みが生じる原因

ニキビ跡の赤みの原因について、段階を分けて解説しましょう。
ニキビの発生から半年以内なら、ニキビの炎症の跡(痕)が肌に残っていることから赤みとなっています。赤みの原因は、表皮の下では炎症が続いているか、炎症の影響で血流が遮られて毛細血管に血が溜まっていることが考えられます。

一方、ニキビの発生から1年以上経っているなら、皮膚の深い場所まで炎症のダメージが影響しているのかもしれません。赤く見えるのは血管や筋肉で、皮膚が薄くなって透けて見えている可能性があります。この状態は放っておいてもなくなることはありません。肌に自信を取り戻すには、日常生活を見直すことが第一歩です。

ニキビ跡(痕)の赤みに効果的なケア

ニキビ跡の赤みに困っているなら、肌環境を整えることを考えましょう。具体的にどんなことに取り組めばいいのか紹介します。

正しいスキンケアで肌のターンオーバーをサポートする

肌は約28日の周期で生まれ変わっていることを知っていますか?肌細胞が作られて、肌表面に向かって押し上げられ、最後は角質となって自然に剥がれ落ちるサイクルを「ターンオーバー」と言います。正常なターンオーバーを繰り返すことで、ニキビ跡の赤みを自然に目立たなくしていき、健康的な美しさのある肌を取り戻すことができます。

ターンオーバーの周期は、年齢や肌のコンディションによって異なります。10代は約20日間、20代までは約28日間が正常とされ、30代以降も年齢が上がるにつれて周期が長くなるとされています。

ニキビ跡の赤みがいつまでも気になる場合は、ターンオーバーのリズムが崩れている可能性があります。生活習慣やスキンケアを見直して、ターンオーバーをサポートすることが大切です。

ターンオーバーをサポートするには、生活習慣に気をつけることも大切です。具体的な方法を紹介します。

栄養バランスの良い食事をとる

健康的な美肌は、健康的な食事から。朝食・昼食・夕食・間食の内容をしっかり見直しましょう。サプリメントはあくまでサポートの役割です。

まず積極的に摂取したいのは、卵、大豆製品、豚肉、ほうれん草、しいたけなどです。これらはビタミンB群が豊富で、皮膚の生まれ変わりをサポートします。

野菜を摂取するなら、春菊やにんじんなどの緑黄色野菜、果物を食べたいならイチゴや柑橘類などがいいでしょう。これらの食材はビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは熱に弱いので、生で食べるほうがおすすめです。

水分を補給する

こまめな水分補給も大切です。腸内環境は肌の調子にも影響を与えますから、腸をスッキリさせておくために水分不足はよくないのです。ジュース、コーヒー、紅茶ならよく飲んでいるという人もいるかもしれませんが、肌のためには余計なものを含まないミネラルウォーターや白湯をおすすめします。

良質な睡眠をとる

肌のためにしっかり眠っていますか?美肌づくりには質の良い睡眠をとることが大切です。なぜなら、入眠後すぐの3時間に美肌づくりに効果的なホルモンが活発に分泌されるから。眠り始めから深い睡眠がとれるように、夜はスマホやテレビなどの強い光を控えるようにしましょう。

また、寝る直前に食事をすると消化のために胃腸が活発に活動し、体も脳も休まらず、睡眠の質を落としてしまいます。寝る直前は食事をしないようにしましょう。

睡眠

皮膚科で治療を受ける

生活習慣の見直しや市販薬で良くならない場合は、皮膚科クリニックの受診も一つの方法です。ニキビ治療を行う皮膚科では、ケミカルピーリング、イオン導入、レーザー治療などの施術を受けることができます。ただし治療を受けたい場合は、治療後のダウンタイムや副作用・リスクについて事前に把握しておきましょう。

ニキビのケアにプロアクティブが効果的な理由とおすすめ商品

生活習慣の見直しと同時に行いたいのが、毎日のスキンケアの見直しです。ニキビ跡の赤みが気になる方には、まずはニキビ予防のためにプロアクティブをおすすめします。

プロアクティブの商品をおすすめする理由

プロアクティブの商品は、なぜニキビケアが得意なのでしょうか。それは、植物由来の美容成分、保湿成分を配合していて、肌のうるおいバランスを整えていくことができるからです。

また、プロアクティブが独自に開発したスマートターゲット™ テクノロジーによって、ニキビケアに必要な成分を肌の角質層まで浸透させることができます。みずみずしい肌に導きながら、肌の過剰な皮脂を取り除き、肌環境をサポートしていきます。

基本のケアはプロアクティブ「3ステップセット」

「ニキビ予防のために、プロアクティブを始めてみたい!」と思った方へ。初めて使うなら、薬用洗顔料・薬用美容液・薬用ジェル状クリームがセットになっていて、洗顔から保湿ケアまで一貫したニキビケアができる「3ステップセット」に注目です。

スキン スムージング クレンザー

薬用洗顔料の「スキン スムージング クレンザー」は、毎日の洗顔でニキビができやすい肌のケアをします。殺菌作用が高い有効成分サリチル酸が配合されているので、これ以上ニキビを作りたくない人におすすめです。「殺菌作用があるなら刺激もあるの?」と心配になるかもしれませんが、洗った後にうるおいを残してつっぱり感を少なくする、なめらかな使い心地です。古い皮脂や余分な角質を落としながら、ニキビができにくい肌環境へ導きます。

使い方は、顔を水で洗った後、ティースプーン1杯程度のスキン スムージング クレンザーを肌にやさしく伸ばします。目や唇は避けながら、マッサージするように顔全体に広げて、ぬるま湯で洗い流してください。1日2回、朝晩の洗顔に使います。

ポアターゲティング トリートメント

薬用美容液の「ポアターゲティング トリートメント」は、肌荒れ対策として効果的な有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合。独自開発のスマートターゲット™ テクノロジーが採用されているので、有効成分を角質層に届けてくれます。肌にうるおいを与えたり、肌のキメを整えて毛穴を目立たなくさせたりすることで、健やかな肌が期待できます。

保湿ケア用品のベタつきが苦手な人もいるかもしれませんが、ポアターゲティング トリートメントは軽い使い心地のジェルなので心配無用です。使い方は、スキン スムージング クレンザーで洗顔した後、パール1粒分を目安に手にとって顔にやさしく伸ばします。より保湿をしたい場合は、使用前に化粧水を併用してもOKです。肌なじみを良くするために、両手で顔を覆ってハンドプレスをしてください。1日2回、朝晩の保湿ケアに使います。

スキンコンディショニング セラム

薬用ジェル状クリームのスキンコンディショニング セラムも、ニキビケアに効果的な有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合。レモンエキス、オトギリソウエキスなど保湿効果の高い植物エキスも含んでいます。ニキビを予防しながら肌にうるおいを与えて、肌のコンディションを整えます。

使い方は、3ステップスキンケアの仕上げとして、ポアターゲティング トリートメントが肌に完全になじんだ後、パール1粒分を目安に手にとって顔にやさしく伸ばします。そして両手で顔を包み込むようにハンドプレスします。1日2回、朝晩の保湿ケアに使います。

ニキビ跡(痕)の赤みを消すメイクのコツとは?

ニキビ跡の赤みが気になる方は、メイクで上手に隠して乗り切りましょう。

睡眠

肌を保湿する

メイク上手な人は、商品を肌にのせる前に丁寧な保湿で下準備をしています。なぜなら、肌が乾燥していると化粧のノリが悪くなって、ニキビ跡の赤みをきれいにカバーできなくなるからです。メイクをする前に、化粧水や乳液などを使って肌にうるおいを与えることを習慣にしましょう。

化粧下地を塗る

保湿が終わったらメイク開始ですが、ここで注意したいのはファンデーションやチークなどを肌に直接つけないことです。化粧下地を使わないと、メイクが崩れやすくなったり、ニキビ跡の赤みをきれいにカバーできなくなったりします。肌の表面をなめらかにしてファンデーションやチークを密着させるために、化粧下地を塗りましょう。化粧下地の選び方は、肌への負担が少ないミネラル成分配合のタイプがおすすめです。

コントロールカラーを使う

コントロールカラーというアイテムを知っていますか?高校生では使っている人は少ないかもしれませんね。コントロールカラーは、くすみ、赤み、色むらなど、人それぞれの肌の悩みに合わせて肌の色を調整して、ベースメイクの仕上がりをより美しくしてくれます。赤みをカバーするタイプの商品から、自分の肌色に合うタイプを探してみてください。

コンシーラーを使う

コントロールカラーが広範囲の赤みをカバーするのに対し、コンシーラーはニキビ跡の赤みが目立つ部分を集中的に隠すことができます。ただし、使い方を間違えばニキビ跡を刺激してしまう可能性もあるので、選び方や塗り方に気をつけてください。おすすめは抗菌作用のあるコンシーラーや、低刺激のミネラルコンシーラーです。コントロールカラーの機能付きのコンシーラーも販売されているので、よりきれいにカバーしたい人にはおすすめです。スティックタイプなど肌に直接塗るタイプは、皮膚と接する面を衛生的に保つように気をつけましょう。

ファンデーションをやさしく塗る

顔全体に使うファンデーションは、なるべく肌に負担がかからないものを選びましょう。ミネラルファンデーションは肌が弱い人にも支持されていて、中にはせっけんで落とせるようなタイプもあります。カバー力を求めるなら薬用のリキッドファンデーションがおすすめです。厚塗りにするとメイク崩れの原因になり、時間が経つとせっかくカバーしたニキビ跡の赤みが目立ってしまうかもしれません。化粧下地、コントロールカラー、コンシーラーとのバランスを考えて、ファンデーションを塗りすぎないようにしましょう。

ニキビ跡(痕)の赤みを消すメイクをしたら必ずメイクオフしよう

メイクをした日はきちんとメイクオフすることを習慣にしましょう。肌にメイクや汚れを残したまま寝てしまうと、新たなニキビの原因になります。

メイク落としの選び方

濃いメイクをした場合は、メイクを落とす力の強いオイルタイプやリキッドタイプが適していますが、肌にかかる負担も大きくなりがちです。今使っているメイク落としに刺激を感じたり、洗い上がりの肌のつっぱり感を覚えたりしているなら、よりマイルドなジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプに変えてみるのがいいでしょう。

目的によってメイク落としを使い分ける

赤リップなど濃いメイクは落ちにくいので、洗浄力の強いメイク落としを使う必要があります。でも、同じメイク落としを顔全体に使うと刺激が強すぎるかもしれません。そこで、ポイントメイクとベースメイクでメイク落としを使い分けることをおすすめします。

また、肌の負担を最小限にするために、帰宅したらなるべく早めにメイクを落としましょう。赤みを帯びたニキビ跡のお悩みは、「毎日のスキンケア」と「ポイントをおさえたメイク」で楽しく乗り切っていきましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top