Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ跡のスキンケア 症状別の対処方法と改善するための生活習慣

あれこれスキンケアをしてやっとニキビが治ったのに、ニキビ跡が残ってなかなか消えない…。そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、もう治らないと諦めてしまうのは早すぎます。お手入れ次第では、色素沈着や凸凹が残ったニキビ跡を目立たなくすることも可能です。ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それぞれに応じた対策をする必要があります。ここでは、ニキビ跡ができる原因と改善するためのケア方法をご紹介します。

ニキビ跡の基礎知識

通常、ニキビは進行するにつれ色が変わってきます。ニキビ跡を残さないためには、できるだけ早い段階で適切な対処をすることが大切です。

ニキビの主な種類

白ニキビ

皮脂や汚れ、古い角質が毛穴に詰まり、毛穴の内側からプクッとふくらんでいる状態で、ニキビの初期段階です。毛穴がふさがって白く見えることから、白ニキビと呼ばれます。痛みやかゆみはほとんどないでしょう。

黒ニキビ

白ニキビが進行し、詰まった皮脂が肌表面に押し出された状態です。先端部分が空気に触れて酸化し、黒く変色しています。

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビの症状が悪化し、毛穴の奥で炎症を起こした状態です。この段階になると、痛みやかゆみを伴うようになります。

黄ニキビ

赤ニキビからさらに悪化すると、黄色っぽい膿を持つようになります。ちなみに、この膿の正体とは、増殖したアクネ菌を退治しようとして戦った白血球の死骸です。

ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、ニキビができた際に過剰に発生したメラニン色素が沈着したり、炎症の跡が残ったりしたものです。症状の軽い初期の段階で対処をすれば、跡を残さずに完治することもできますが、炎症が進むとどうしても跡が残りやすくなります。一般的に、赤ニキビ、黄ニキビまで進行したニキビはニキビ跡が残りやすいとされています。特に黄ニキビを潰してしまった場合には、ニキビ跡が残る可能性が高いでしょう。

ニキビ跡の種類

赤みのあるニキビ跡

ニキビが治った後、炎症が引かずに赤みが残っている状態です。赤みのあるニキビ跡ができる理由は、傷ついた表皮および真皮を修復しようとして新しく作られたり、拡張したりした毛細血管が皮膚を通して透けて見えるためといわれています。ニキビによる炎症が治れば、次第に赤みが引いていくことが多いようです。

茶色いニキビ跡

炎症によって肌が刺激を受けたときに、皮膚を守るために生成されたメラニン色素が、茶色いシミのように残ってしまった状態です。メラニン色素が過剰に生成されると、ターンオーバーによって排出しきれず、肌表面に長年残ってしまうおそれがあります。

クレーター状のニキビ跡

ニキビが治った後、皮膚の表面にクレーターのような陥没ができた状態です。炎症によって皮膚の真皮が破壊されることで起こります。膿みを持った腫れのある、重度のニキビが発生した際に跡が残りやすくなる傾向にあります。

ニキビ跡を改善するためのスキンケアの仕方

ニキビ跡がなかなか改善しないという人は、まずは日頃のスキンケアの仕方を見直してみましょう。ダメージを受けた肌の回復を目指す、基本のスキンケア方法をご紹介します。

スキンケアの見直し

基本のスキンケア

1.刺激を与えず優しく洗う

何よりも大切なことは、刺激を与えずやさしく洗うこと。肌に余計な刺激を与えると、ニキビ跡の症状が悪化するおそれがあるからです。洗顔する際に、少ない泡でゴシゴシと肌をこすりつけるように洗うのはNG。摩擦で角質層が傷つき、ニキビ跡が悪化する可能性があります。洗顔料をよく泡だて、その泡で顔を包み込むようにして洗いましょう。

洗顔後は流し残しのないように、ぬるま湯でよくすすいでください。しっかり洗い終わったら、顔をこすったりせず、タオルを肌に押し当てて水分を取っていきます。なお、洗顔は1日2回に留めましょう。メイクの油分は通常の洗顔料だけでは落とせないので、クレンジング剤を使ってください。

2.洗顔後は十分な保湿をする

正しい保湿をせずにいると、乾燥による肌のバリア機能の低下を招き、ニキビが再発しやすい肌環境になります。特に、大人ニキビは潤い不足から起こる場合があります。顔を洗ったら、すぐに化粧水・ローションを塗布して十分な保湿をしましょう。コットンパックを行なった後、手のひらで軽くハンドプレスするのもおすすめです。化粧水を塗布した後は、乳液やクリームなどを塗り、有効成分をよく浸透させます。刺激を与えて肌トラブルを招かないよう、植物由来の成分が配合されているタイプなど、低刺激処方の化粧品を使用しましょう。肌への負担が少ないニキビ肌用の化粧品も販売されています。

3.紫外線対策

紫外線は肌に刺激を与え、乾燥しやすい状態を引き起こします。紫外線によりメラニンを過剰に生成した肌は、色素沈着を起こすおそれがあるので注意が必要です。日焼け止めを塗る、日傘や帽子を利用するなどのUV対策で、肌トラブルの原因となる紫外線をシャットアウトしましょう。

ニキビ跡のタイプ別スキンケア

赤いニキビ跡

まだ炎症が残っているため、グリチルリチン酸やビタミンC誘導体といった消炎作用のある成分配合の化粧水や美容液などを使うと良いでしょう。ケアをせずに炎症を放置すると、メラニン色素が定着してしまい、クレーター状のニキビ跡につながることがあるので早めのケアが肝心です。

茶色いニキビ跡

丁寧なスキンケアの積み重ねが、色素沈着の予防につながります。毎日のお手入れには、ビタミンC誘導体配合のスキンケアアイテムがおすすめです。加えて、色素沈着ケアに取り入れたいのがピーリングです。詰まった汚れを取り除いて、毛穴を引き締める作用が期待できます。フルーツ酸、グリコール酸、乳酸、サリチル酸などが配合された肌に優しい化粧品を選びましょう。

クレーター状のニキビ跡

セルフケアでの完治は難しいとされていますが、プラセンタ、コラーゲン、セラミドといった有効成分配合の化粧品を用いて肌のバリア機能を高めることで、症状が多少回復する場合もあります。ニキビ跡がひどい場合は、皮膚科や美容外科などの専門医での治療も検討しましょう。ニキビ跡の治療として、イオン導入やケミカルピーリングなどがあります。

ニキビ跡の改善が期待できる生活習慣

不規則な生活を続けていると、ターンオーバーが正常に機能しなくなります。美肌効果を高めるために、毎日のスキンケアにプラスして、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

良質な睡眠

肌を整える働きのある成長ホルモンが分泌されるのは、眠り始めて3時間以内といわれています。人は深部体温が下がると、寝つきが良くなります。入浴を就寝1~2時間前に済ませておくと、体温が急激に下がって、深い睡眠を得られやすいでしょう。

就寝時間、起床時間を一定に保つことも大切です。就寝前のスマホ、パソコンの使用は、ブルーライトが脳を刺激して入眠を妨げるとされているので避けてください。また、就寝前に食事をすると、通常、睡眠中にターンオーバーに使用されるエネルギーが食事の消化に奪われてしまうことに。寝る前の夜食や、眠気を覚ます働きがあるカフェインの摂取は控えましょう。

栄養バランスが整った食事をする

ビタミン類や食物繊維、タンパク質、カルシウムなどをバランス良く3食摂りましょう。主食、主菜、副菜のある食事を取ると、栄養バランスが取りやすくなります。無理なダイエットや偏食を避けてください。

ストレスを解消する

ストレスは肌の大敵です。ストレスを感じたら、適度な運動、音楽を聴く、アロマを炊く、散歩など気分転換をする方法を取り入れましょう。

適度な運動

自分のニキビ跡のタイプを知って適切なケアをしよう

一口にニキビ跡といっても、いくつかの種類があり、それぞれの症状に合わせたお手入れをすることがポイントになります。自分のニキビ跡の状態を把握して、効果的なスキンケア方法を取り入れましょう。ニキビ跡が顔に残らないよう、スキンケアだけでなく、生活習慣を見直してみてください。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top