Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ跡と毛穴の開きの改善方法とは?部位ごとの特徴や原因を解説

ふと鏡を覗くと、先日のニキビがシミになっていたという経験はありませんか?気が付かないうちにニキビ跡ができていたら、気分が落ち込みますよね。しかも、毛穴の開きが今までとは少し違っているように感じることも。顔のニキビ跡と毛穴の開きは、大きな悩みの種になってしまいます。ニキビ跡の種類はシミだけではありません。また、顔の部位によってもニキビ跡や毛穴の特徴は異なってくるのです。今回は、ニキビ跡と毛穴の種類、特徴とケアの仕方についてご紹介いたします。

ニキビ跡の種類と特徴

ニキビがニキビ跡になるには、どのような過程を経るのでしょうか。また、ニキビ跡の種類とその特徴をみていきます。

ニキビ跡とは

ニキビ跡とはニキビが原因で肌に残った跡のことをいいます。ニキビの炎症が肌の深部にまで進むと、ニキビ跡が残りやすくなるのです。これは、炎症が真皮層にまで達し、皮膚の組織が破壊され修復が困難になるためです。ニキビ跡の種類には、赤み、色素沈着、凹凸などがあります。

ニキビ跡の種類

悩む女性

赤みのあるニキビ跡

ニキビの症状が治まった後も、肌表面に赤みが残っている状態です。赤く見えるのは、表皮の下部で炎症が続いている場合や、炎症の影響により血流が増加し、毛細血管が拡張しているなどの場合です。赤みは炎症が治まると自然と薄くなりますが、ニキビに刺激を与えると消えにくくなるので注意しましょう。

色素沈着のニキビ跡

ニキビが治った場所が、紫や茶色・黒ずみなどの色素沈着を起こした状態です。

紫色の色素沈着:ヘモグロビンが影響しています。

炎症や化膿で毛細血管が破壊されると、血液中にあるヘモグロビンの影響で、肌に紫色の跡が残ることがあります。ヘモグロビンが真皮の深い層に存在すると、紫色っぽく見えるようになるのです。ヘモグロビンは、時間の経過により酸素を失うと赤みがなくなり、紫色っぽく変化する性質があります。

茶色の色素沈着:メラニン色素が影響しています。

ニキビが炎症や化膿をおこすと、肌細胞を守ろうと大量のメラニンが生成されることになります。炎症が治まった後もメラニン色素が肌に留まってしまうと、茶色の色素沈着となるのです。

色素沈着は、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、症状が改善されない場合に起こりやすくなります。ターンオーバーが正常であれば、表皮の一番深いところで作られた肌細胞は、角質層に向かって徐々に押し上げられて、最後は垢となって自然に剥がれ落ちるのです。そして、この時、メラニンも一緒に排出されていきます。

ターンオーバーに影響を及ぼす要因には加齢、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどがあります。ターンオーバーを促すためには、ストレスの解消や生活習慣の見直しが必要になってくるのですね。

クレーター状のニキビ跡

膿を持つような重いニキビが治った後、肌に凸凹が残り、くぼみ(クレーター)がある状態です。炎症が真皮層まで達して組織が破壊されると、肌が陥没してしまうことがあります。クレーター状の跡は、大きなダメージを受けたことで損傷部を修復する機能が弱まっており、自然回復は難しいのです。病院での治療や専用のケアなどで回復する場合もあるので医師に相談してみましょう。

<部位別>ニキビ跡と毛穴の特徴・改善方法

紫外線対策

ニキビができる部位により、ニキビ跡、毛穴の特徴や改善方法が異なっています。それぞれの違いを部位別にみていきましょう。

<部位別>ニキビ跡と毛穴の特徴

頬、鼻

ニキビ跡:ニキビを放置すると傷跡のような凹凸になりやすいのが特徴です。なぜなら、炎症を起こしやすく、赤黒くなるニキビや、膿を持つ黄色ニキビが発生しやすいからです。
毛穴:過剰な皮脂分泌により毛穴が開き、縦長に伸びた形になる傾向があります。

顎、フェイスライン

ニキビ跡:繰り返し同じ場所にできやすく、ケロイド状に盛り上がりやすいのが特徴です。赤く腫れるニキビや、治りにくいニキビができやすのが原因とされます。
毛穴:小さくて詰まりやすいのが特徴です。

おでこ

ニキビ跡:激しい炎症が起きた場合は、眉間やこめかみにニキビ跡が残る場合があります。おでこは、皮脂腺が集まっておりニキビ自体はできやすいのですが、新陳代謝が活発な部位のため、比較的ニキビ跡は残りにくいのです。
毛穴:過剰な皮脂が毛穴に詰まり、角栓となりやすいのが特徴になります。

悪化したニキビ跡や毛穴の改善方法

クレンジング、洗顔

アクネ菌を殺菌する作用があるサリチル酸配合の洗顔料を泡立てて、やさしく、しっかり洗うようにしましょう。また、すすぎも十分に行ってください。サリチル酸には角質をやわらかくする働きがあり、毛穴に詰まった角質を落としやすくします。

保湿

保湿はスキンケアの基本です。保湿を十分に行わないと、肌が乾燥してしまいます。すると、肌は乾燥を回避しようと皮脂を過剰分泌するようになり、結果的に毛穴詰まりや、ニキビを発生させてしまうのです。
化粧品を選ぶ際には、保湿成分が豊富に配合されたもの、消炎効果のある成分を含んだものをチョイスしてください。スキンケアのポイントは肌を乾燥させないことです。洗顔をしたら時間をおかずに化粧水をつけ、その後クリームや乳液などで油分を足して肌をうるおしましょう。脂っぽい肌質の方も必ず油分を補ってくださいね。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、医療機関やエステサロンなどで受けられます。これは、皮膚にグリコール酸、サリチル酸などのピーリング剤を塗り、皮膚表面をはがすことで、ニキビ跡の改善が期待できる治療法です。肌の新陳代謝が促進され、肌のハリや弾力を与えるエラスチンやコラーゲンの生成を促すことで、たるみ毛穴の改善が期待できます。

自宅でピーリングケアをする場合は1週間に1回を目安に行ってください。ピーリングのし過ぎは、バリア機能を低下させ、肌トラブルにつながるので気をつけましょう。

ニキビ跡で悩まないためには

ニキビ跡で悩まないためには、普段から適切なスキンケアをして、ニキビやニキビ跡ができない肌状態を保つことが大切です。
日頃のスキンケアと生活習慣などを見直して、肌のターンオーバーがスムーズに行われるようにしましょう。セルフケアでニキビやニキビ跡が良くならない場合には、早めに医療機関を受診して専門のケアも検討してみてくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top