Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

ニキビ肌にも日焼け止めは使える?肌荒れを防ぐための紫外線対策

紫外線は、肌の色だけでなくニキビにも影響するってしっていますか?ひょっとして「ニキビ肌に悪そうだから、日焼け止めを塗らないようにしていた」という人もいるかもしれませんね。トラブルのない健康的な美肌を目指すなら、ニキビと日焼け止めに関する正しい知識が必要です。この記事では、ニキビと紫外線の関係や、ニキビ肌に負担の少ない日焼け止めの選び方などについて紹介します。

ニキビと紫外線の関係とは?

「スキンケア=紫外線対策が大事」というのは広くしられていますが、これはニキビケアにおいても同じです。

紫外線の肌への影響

紫外線に当たって肌がダメージを受けると、ニキビができやすくなります。紫外線が強い季節は、皮脂や汗の分泌が多くなることも重なって毛穴が詰まりやすくなり、これが酸化してニキビの直接的な原因になります。さらに紫外線は、外部刺激から皮膚を守り水分と油分のバランスをキープする肌のバリア機能を低下させる一因にもなります。乾燥してバリア機能が低下しバランスを崩した肌は、炎症などのトラブルが起きやすくなり、ニキビにつながります。

ニキビケアには紫外線対策が必要

ニキビを予防するには、レジャーだけでなく日常の外出時から紫外線対策をすることが大切です。シーンに応じたSPF値・PA分類の日焼け止めを選んで、外出前だけでなく2〜3時間おきにこまめに塗り直して肌をガードしましょう。すでにニキビがあるときは、ミネラル成分配合のタイプなどできるだけ肌への負担が少ない日焼け止めがおすすめです。さらなる紫外線カットには、帽子やサングラスも組み合わせて使うと安心です。

ニキビを防ぐ紫外線対策のポイント

ニキビを予防したいときやニキビがあるときは、いつも以上に注意したいものです。気をつけるべきポイントやおすすめのアイテムを紹介します。

日焼け止めをムラなく塗る

適切な日焼け止めを選んでいても、量が少なかったり塗り方が間違っていたりすると期待通りの効果を得ることができません。日焼け止めは適量を均一に塗ることでUVカット効果が発揮されやすくなります。髪の生え際付近、フェイスライン、あごの下にも忘れずに塗っていますか?塗りムラをなくすことで、紫外線によるダメージを効率よく防げます。

ムラなく塗る

日焼け止めの洗い残しがないように洗顔する

日焼け止めは、塗り方だけでなく落とし方も大切です。日焼け止めを使った日は必ず寝る前に洗顔を行いましょう。日焼け止めの汚れやその上に塗ったファンデーションなどの化粧品が毛穴に詰まると、ニキビができる原因になります。メイクをしているときや、石鹸や洗顔フォームだけでは落ちづらいときは、肌に負担の少ないクレンジングオイルで優しく洗い流しましょう。

肌を十分に保湿する

紫外線は肌の乾燥の原因にもなります。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて、毛穴の詰まりを起こし、ニキビができやすくなります。洗顔後や外出中など、常に保湿を心がけるようにしましょう。洗顔後はなるべく時間をおかずに化粧水で水分を補い、乳液やクリームなどでフタをしましょう。

乾燥肌の人は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含むアイテムに注目してみてください。また、エアコンのきいた室内で長時間過ごすときなど外出中の乾燥が気になるときは、ミストタイプの化粧水を携帯しておくと、手軽に保湿できてメイク直しにも使えるのでおすすめです。

プロアクティブの商品で洗顔・スキンケアをする

ポイントをまとめると、日焼け止めで紫外線対策をした後は、汚れを落として保湿することが重要です。「ニキビもケアしたいし、どんなアイテムを使えばいいかな?」と迷っている方には、プロアクティブの3ステップセットがおすすめです。

3ステップセットは、洗顔料・薬用美容液・保湿クリームがセットになっていて、いずれも一定期間の間ニキビの初期症状が現れなかったことを示す「ノンコメドジェニックテスト済み」のアイテムばかりです。基礎化粧品をライン使いすることで一貫したニキビケアが実現できます。

薬用洗顔料のスキン スムージング クレンザーは、殺菌・消炎作用のある有効成分サリチル酸を配合していて、ニキビの原因菌とされるアクネ菌にアプローチする効果が期待できます。ソフトスクラブで、肌をいたわりながら不要な角質や皮脂を落とすことができ、毎日の洗顔が楽しみになるようななめらかな使い心地が特徴です。

薬用美容液のポアターゲティング トリートメントは、炎症を抑える有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸を配合しています。軽い使い心地のジェルで、有効成分や保湿成分を肌の角質層に浸透させ、洗顔後の肌をうるおってキメの整った状態に導きます。

薬用ジェル状クリームのスキンコンディショニング セラムは、肌荒れを抑える有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム、そして植物由来の保湿成分を配合していて、ニキビの予防が期待でき、肌にうるおいを与えます。ジェルタイプなので肌にスーッとなじみ、こってりしたテクスチャーの保湿クリームが苦手な人にとっても使いやすいアイテムです。

ニキビ肌に優しい日焼け止めの選び方

「紫外線対策をしたいけど、ニキビが悪化したらどうしよう……」と心配な方は、日焼け止めを買うときに次のようなポイントをチェックしてみてください。

オイルフリーの日焼け止めを選ぶ

ニキビ肌には、低刺激で、肌に負担の少ないオイルフリーの日焼け止めが適しています。ニキビ肌には過剰な油分は禁物ですが、一般的な日焼け止めには油分が含まれていて、肌についた油分が酸化して炎症を生じさせることがあります。日焼け止めの選び方次第で、人によってはニキビを悪化させる可能性があるのです。紫外線対策と肌のオイルコントロールを両立させるなら、オイルフリーの日焼け止めを選びましょう。

栄養バランスの取れた食事

ノンケミカル処方の日焼け止めを選ぶ

日焼け止めの中には紫外線吸収剤を含むものもあります。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収してダメージを軽減する働きがありますが、吸収の際に生じる化学反応が肌に負担を与えることがあります。そこで選びたいのが、ノンケミカル処方の日焼け止めです。ノンケミカル処方とは、化学的に合成された紫外線吸収剤を含んでいないことを意味します。ノンケミカル処方の日焼け止めは、肌への刺激が少なく、さらに乾燥を防ぐタイプの商品が多いのでおすすめです。

無香料・無着色の日焼け止めを選ぶ

日焼け止めには、UVカット効果と直接関係のない香料や着色料が配合されていることがあります。しかし、これらの成分や防腐剤が含まれていると、敏感肌の人など肌質によっては肌トラブルのもとになることもあります。「無香料」「無着色」「無添加」のタイプや、シリコンやアルコールなどの防腐剤を含まないタイプを、日焼け止め選びの目安として覚えておきましょう。

ウォータープルーフタイプは避ける

海やプールなどのレジャーシーンや、汗をかくスポーツシーン向けに売り出されているウォータープルーフタイプの日焼け止めは、水分に強く落ちにくいことがメリットですが、逆に言えば洗顔時に落としづらいというデメリットがあります。肌に負担がかかりやすく、きちんと落とすにはクレンジングが必要です。

シーンごとに分けて買うのが面倒だからと、通学などの日常シーンにウォータープルーフタイプの日焼け止めを使うことは避けたほうがいいでしょう。レジャーやスポーツの際も必ずしもウォータープルーフタイプを使う必要はありません。肌に負担がかかるようなら、日焼け止めをこまめに塗り直したり、帽子や日傘なども組み合わせたりして紫外線対策を心がけてください。

日焼け止めを塗るときのメイクのコツは?

日焼け止めを塗ってメイクもしたいとき、「化粧下地は必要なの?」「いつ塗ればいいの?」という疑問が出てきますよね。日焼け止めとメイクを上手く両立するコツとは?

「日焼け止めを塗ったら、化粧下地はいらないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、結論から言えばどちらも塗るのがおすすめです。なぜならそれぞれのアイテムで果たす役割が違うからです。化粧下地は肌の色ムラや毛穴の目立ちをカバーしたり、ファンデーションをきれいにのせるベースを作ったりするもので、化粧崩れを防ぐためにも大切なアイテムです。

日焼け止めの中には化粧下地を兼ねるタイプもありますし、紫外線をカットする化粧下地もあるので、「どちらも塗るのは面倒」「メイクは時短したい」という人はこのようなアイテムを試してみてはいかがでしょうか。

また、メイク時に先に塗るのは日焼け止めのほうです。化粧下地はファンデーションと密着させるアイテムなので、後から上にのせるようにしましょう。そのほうが化粧下地の効果を実感しやすくなります。ただしこれは一般的なクリームタイプの使い方です。メイクの上からスプレーするタイプの日焼け止めもあるので、製品ごとに使い方を確認してみてください。

日焼け止めは、正しい選び方や使い方をおさえて使うことで、ニキビ予防やニキビケアの味方になります。紫外線は1年中地上に降り注いでいるので、シーズンごとの紫外線量に合ったケアを今から取り入れてみてくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top