Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

Tゾーンのニキビの原因|部位別の対処法とおすすめのスキンケア

顔にニキビができていると、何をするにもついつい消極的になりがちですよね。特に、おでこ、眉間、鼻にかけてのいわゆるTゾーンと呼ばれる、目立つ場所のニキビは困りもの。
Tゾーンは、皮脂分泌が盛んで、特に思春期ニキビができやすく、肌トラブルが頻繁に起きてしまいます。目立つ部分だけに、できるだけ早く対処して悪化だけは避けたいものです。今回は、Tゾーンのニキビの原因や特徴、対処法についてご紹介いたします。

Tゾーンにできるニキビの原因と特徴

Tゾーンにニキビができやすい原因には、皮脂の過剰分泌と生活習慣が大きく関係しています。また、Tゾーンの部位によっても、ニキビの特徴が異なってくるのです。

Tゾーンにニキビができやすい理由

Tゾーン(おでこ、鼻まわり)は皮脂腺が多いため、皮脂の分泌が盛んになります。それゆえ、Tゾーンは皮脂を栄養源とするニキビの原因、アクネ菌と呼ばれる細菌が繁殖しやすくなるのです。アクネ菌が繁殖すると、肌に炎症を引き起こし、痛みや赤みを伴うこともあります。
Tゾーンは、特に、思春期ニキビができやすい部分です。これは、男性ホルモンの分泌増加による皮脂の過剰分泌が起きやすいのが原因です。また、思春期の方だけでなく大人の女性も、生理前にはTゾーンにニキビが発生しやすくなります。それは、生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が皮脂の分泌を促すからです。

このように、ホルモンバランスが乱れると、年代にかかわらずニキビができやすい肌の状態になります。ホルモンバランスの乱れは、ストレス、偏った食生活、睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れが密接に関係しており、Tゾーンのニキビ発生につながることがあるので、日頃から注意が必要です。

【部位別】Tゾーンのニキビの特徴

おでこ

皮脂詰まりによってニキビができやすい部位です。また、おでこは整髪料や、シャンプーのすすぎ残しなどが付着しやすいため、刺激を受けることが多く、雑菌やムレなどによって炎症が生じやすくなります。

ニキビを気にする女性

毛穴が詰まってできる白ニキビが発生しやすい部位です。また、詰まった皮脂がブツブツと黒ずみ、黒ニキビに移行しやすくなります。鼻は皮脂分泌量が多く、メイク汚れなどが皮脂と混ざって毛穴が詰まりやすいのです。

Tゾーンのニキビに炎症が起きると、痛みや赤みなどの症状を伴うことがあります。もし、膿を持つ黄ニキビに変化しても、自分で膿を押し出すようなことはしないでください。ニキビに刺激を与えると、色素沈着やクレーター状などのニキビ跡になりやすくなります。ニキビが悪化する前に、皮膚科を受診し、治療について相談してみましょう。

Tゾーンのニキビの改善に必要な対策

Tゾーンのニキビ改善に必要なことは、日常生活を見直してみることです。日頃の生活で気をつけたい点や、ニキビ肌改善のためのスキンケアをご紹介します。

日常生活で心がけたいTゾーンのニキビ対策

外的な刺激から肌を守る

前髪を上げて、髪の毛が肌を刺激しないように気をつけましょう。むやみに、手や指で、おでこや鼻に触れないようしてください。手や指には雑菌が付着していることが多いので、ニキビを悪化させてしまうことがあります。

髪を結う

食生活を見直す

毎日、口にするものが肌にも影響してきます。油っぽい食事や血糖値を急上昇させる食事をしていると、皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなるのです。ビタミンB2を含む食材(キノコ類、納豆、豚肉、レバーなど)には体内の皮脂を抑える働きがありますので、こういった食材を上手に取り入れて、栄養バランスの取れた食生活を心がけてください。

肌を清潔に保つ

一日2回、朝と晩に洗顔をして肌を清潔に保ちましょう。洗顔のしすぎは乾燥肌になりやすく、皮脂の分泌量が増えるので注意してくださいね。汗をかいたら、すぐにハンカチで拭き取るようにしましょう。汗を拭き取らずにいると、汗と一緒に肌水分が蒸発し、乾燥肌になりやすくバリア機能の低下にもつながります。そして、汗に含まれる雑菌や塩分が肌を刺激することになるので、気をつけましょう。

Tゾーンにできるニキビのスキンケア

クレンジング

クレンジングは肌に負担をかけず、洗浄力もあるものがよいでしょう。アルコールフリーや、アレルギーテスト済みなどのクレンジング料を使用してください。

洗顔

洗顔料は、サリチル酸が配合されているものなど、アクネ菌を殺菌し、炎症を抑える効果が期待できるものがおすすめです。
洗顔料はよく泡立て、肌にすべらせるようにして洗顔してください。泡立てることで、毛穴の中の汚れまで、やさしく浸透させましょう。すすぎには、ぬるま湯を使用しましょう。水温が低いと汚れを落としにくく、高すぎると洗顔後に肌が乾燥する原因になります。
そして、洗顔料はすすぎ残しのないよう、丁寧に洗い流すことも大切です。

保湿

洗顔後は、化粧水やジェルで肌を潤し、その次にクリームや乳液、美容液を塗布して潤いを閉じ込めましょう。

まずは、乾燥を防ぐために、洗顔をしたらできるだけ早く保湿ケアを行います。保湿には殺菌効果や消炎効果のある成分を含んだ化粧水やジェルを塗布するのがよいでしょう。具体的には、サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムなどの成分です。

乳液や美容液には、セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に配合されたものをおすすめします。肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れて古い角質が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。適度な油分を与えることで、過剰な皮脂分泌の抑制が期待できるので、脂っぽい肌質の方も必ずクリームや乳液などで油分を補いましょう。

また、スキンケアは必ず清潔な手で行ってください。使用する化粧品の適量を守り、ニキビに刺激を与えないよう、やさしく肌に押し込むようにして馴染ませてあげましょう。

生活習慣の見直しと適切なスキンケアを

Tゾーンは皮脂腺が多いため、皮脂分泌が盛んでニキビができやすい部位です。皮脂の過剰分泌を防ぐためには、食生活や睡眠などの生活習慣がカギになってきます。規則正しい生活をして、ニキビの原因となる要因を取り除いていきましょう。また、適切なスキンケアをして、ニキビができにくい肌に改善していってくださいね。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top