Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

ニキビの段階の中でも、赤ニキビは目立ちやすくて痛みやかゆみが出ることもある、厄介な存在です。「もう赤ニキビで悩みたくない!」という人は多いのではないでしょうか。赤ニキビを繰り返さないためには、どうして赤ニキビができるのかを突き止めて、正しいケアをしていくことが大切です。この記事では、赤ニキビの特徴と原因、効果的なケア、洗顔料の選び方やおすすめのスキンケアアイテムについて解説します。

赤ニキビの特徴と原因

赤ニキビ

そもそも赤ニキビとは、症状がどれくらい進行している段階なのでしょうか?そしてどのような原因でできるのでしょうか?

赤ニキビとは

ニキビの種類は大きく4段階に分類されます。各段階の見た目の色から、「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」、「黄ニキビ」と呼ばれています。最も初期の段階は白ニキビで、毛穴の詰まりが悪化すると、黒、赤、黄と進行していきます。

赤ニキビとは、黒ニキビが炎症を起こして赤みをおびた状態です。ニキビの原因菌が皮脂をエサにして増殖していて、赤い突起ができます。赤ニキビができやすいのは、主に、おでこ、鼻、頬、口周り、あごなどです。まだニキビの最終段階ではありませんが、早めに治療しておかないとニキビ跡が残りやすくなります。

この赤ニキビが悪化すると、黄ニキビとなります。黄ニキビは炎症がさらに強まって、黄色い膿ができている状態です。この段階までくると治療に時間がかかることを覚悟しておかなくてはいけません。

赤ニキビまで進行してしまっても諦めずに、正しいスキンケアを心がけることが大切なのです。

赤ニキビができる主な原因

では、赤ニキビはなぜできるのでしょうか?赤ニキビの主要な原因は、皮脂が過剰に分泌することです。「皮脂=美肌の敵」と考えている人もいるかもしれませんが、本来は外部の汚れや細菌などから肌を守ったり、肌にうるおいを与えたりする大切な役割を担っています。もし必要な量の皮脂が足りないと、肌の乾燥を招き、バリア機能の低下やシワの原因につながったりしてしまうのです。美肌のためには適度な皮脂が欠かせません。

しかし、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴の詰まりの原因になります。そして毛穴の中でアクネ菌が増殖して炎症を起こし、赤ニキビを作ってしまいます。

皮脂の過剰分泌には、いくつかの原因が考えられます。

まず、生活習慣の乱れです。ついつい夜遅くまで起きていて寝不足になったり、外食で脂っこいメニューばかり口にしたりしていませんか?美の源は健康にあります。規則正しい生活を心がけて十分な睡眠をとり、バランスのとれた食事を心がければ、肌が本来持っている機能が正しく働くようになり、皮脂の分泌量も適量になっていきます。

また、過剰に分泌された皮脂を過度に取り除こうとすることも、原因の一つです。顔のべとつきが気になるからと、1日に何度も洗っていませんか?洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていませんか?本来必要なはずの皮脂が失われて肌が乾燥してしまい、かえって皮脂が分泌されているのです。

赤ニキビ

過剰に皮脂が分泌される原因は他にもあります。ニキビには、主に10代にできる「思春期のニキビ」と20歳以降にできる「大人のニキビ」がありますが、思春期のニキビは特に皮脂の過剰分泌の影響を受けています。その理由は、10代は成長期にあたり、ホルモンバランスが変化する時期だから。男女関係なく男性ホルモンが増え、これが皮脂分泌を促すのです。女性の場合は、排卵後に増える女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が皮脂の分泌を促すため、生理前にニキビができやすくなることもあります。

さらに、部活動や屋外での活動で浴びた紫外線は肌を乾燥状態にしますし、ストレスは睡眠不足やホルモンバランスの乱れにつながります。あなたの1日の過ごし方を見直してみると、皮脂の過剰分泌につながりそうなことが一つは思い当たるのではないでしょうか?できることから見直してみてください。

赤ニキビの効果的なケア

ニキビは予防が一番ですが、できてしまった赤ニキビはどうすればいいのでしょうか?赤ニキビの効果的なケアについて紹介します。

正しいスキンケアをする

肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあり、正常なターンオーバーは約28日の周期(10代ではさらに短い周期)で行われています。新しい細胞が作り出されて、肌表面に押し上げられていき、最終的には古くなった角質として自然と剥がれ落ちるのです。しかし、生活習慣や食生活が乱れるとターンオーバーがうまくいかなくなり、赤ニキビの原因となる場合があります。

ニキビを治して健康的な肌を取り戻すには、ターンオーバーのサイクルを正常化する必要があります。
では、ターンオーバーを正常に働かせるためにはどうすればいいのでしょうか?規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけるとともに、毎日のスキンケアも見直しましょう。

まず、スキンケアの基本である洗顔や保湿です。眠いからと顔を洗わずに寝てしまったり、ベタつくからと化粧水・乳液・クリームなどの保湿ケアを省略していたりしませんか?きちんとやっているつもりでも、実は間違ったやり方をしているかもしれませんよ。
また、夏以外の季節も紫外線対策をしていますか?紫外線は一年中地上に届いていますから、日焼け止めなどを使ったケアも一年中することが大切です。季節ごとの紫外線量に応じたアイテムを使いましょう。
そして、ニキビ予防の効果が期待できるスキンケアアイテムを選ぶことも大切です。

規則正しい生活習慣を送る

赤ニキビの治し方としては、まずその原因を取り除くことが大切です。疲労やストレスが溜まって免疫力が低下すると、お肌がアクネ菌と闘う力も低下してしまいます。夜更かしせず朝早く起きて、睡眠時間をきっちり確保する規則正しい生活や、脂肪分を控え、刺激物を排除した和食を中心とした食生活を送ることが理想です。

これに加えて果物や野菜などでビタミンCをしっかり補給しましょう。肌のターンオーバーを促したり、肌細胞を生成するコラーゲンの助けとなったりするビタミンCはとても有効です。また、適度な運動を行って代謝をアップさせることや、疲労やストレスを溜め込まないことも大切です。

炎症を抑える

赤ニキビは炎症を起こしていますから、まずは炎症を抑える必要があります。炎症部分はかゆくなったり、熱をもったりします。しかし、何度も指で触ったり引っ掻いたりしないでください。

かゆみを我慢できないときは、冷やしたタオルをあてると楽になることがありますが、肌を乾燥させることもあるので注意してください。

赤ニキビ対策に効果的な洗顔料選びのポイント

スキンケアの最初のステップは洗顔です。赤ニキビ対策にはどのような洗顔料を選べばいいのかを解説します。

ニキビケアに効果的な成分配合の洗顔料を選ぶ

ドラッグストアには様々な洗顔料が並んでいますが、ニキビができたときはやはりニキビケア用の洗顔料を選びましょう。ニキビをできにくくする「ビタミンC」や「サリチル酸」を配合しているタイプです。

肌に良い成分としてよく知られているビタミンCやサリチル酸には、ニキビケアには欠かせない有効成分の一つで、殺菌作用、炎症を抑える効果、古い角質を取り除く効果などが期待できます。この他にも、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムも効果的です。

保湿成分配合の洗顔料を選ぶ

洗顔料は皮脂や汚れを落とすものなので保湿のイメージは薄いかもしれませんが、どんな保湿成分を配合しているかにも注目してみてください。肌がうるおっていると、バリア機能を保ちやすくなり肌環境のサポートになります。代表的な保湿成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、ブドウエキスなどです。セラミドを配合しているものもおすすめです。

肌に負担の少ない洗顔料を選ぶ

ここまでで入っていると嬉しい成分を紹介しましたが、逆に入っていないことをチェックしたい成分もあります。それはアルコール(エタノール)です。肌を引き締める作用があり、化粧水に配合されていることもよくあります。しかしアルコール成分は刺激が強いため、できれば避けたほうが良いでしょう。自然由来の成分でできた香料や着色料などが無添加の石鹸もおすすめです。

赤ニキビのケアにプロアクティブが効果的な理由と使い方

「赤ニキビの予防に、具体的にどのアイテムを使えばいいの?」と迷ったら、プロアクティブのスキンケアラインナップがおすすめです。

プロアクティブの商品を使うメリット

プロアクティブの洗顔料や保湿アイテムは、ブドウエキスなど天然由来の保湿成分を配合していることが特徴です。また、ニキビ予防に効果的な有効成分のサリチル酸などを配合していて、肌環境を整えてくれます。

「初めてプロアクティブを使いたい」「どうせ使うなら洗顔から保湿まで一貫したスキンケアをしたい」という人には、薬用洗顔料、薬用美容液、薬用ジェル状クリームがセットになった「3ステップセット」をおすすめします。

赤ニキビ

効果的なスキンケアの仕方

STEP1:洗顔する

まずは洗顔です。顔全体を水でぬらしたら、ティースプーン1杯程度の薬用洗顔料「スキンスムージング クレンザー」を手に取って、肌にのせてなじませていきます。唇や目の周りは避けながら、優しくマッサージするように洗います。顔全体に行き渡ったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。温度が高すぎると乾燥肌の原因になるので気をつけてください。髪の生え際やフェイスラインなどに洗顔料が残ると肌トラブルのもとになるので、すすぎ残しがないように気をつけてください。すすぎ終わったら、タオルで肌を軽く押さえるようにして水分を拭き取ります。これを1日2回、朝晩に行います。

STEP2:美容液をつける

洗顔が終わった後、あるいは化粧水をなじませた後に、薬用美容液「ポアターゲティング トリートメント」を使います。保湿クリームの前に美容液をつけて、美容成分を肌の角質層に浸透させていきます。使う美容液の量の目安はパール1粒分です。美容液を手にとったら、目の周りを避けながら顔全体に広げます。このとき肌をこすって刺激しないように気をつけましょう。全体に行き渡ったら、手のひらで顔を包むようにして優しくハンドプレスをします。美容液のステップも1日2回、朝晩に行います。

STEP3:保湿する

美容液が完全に肌になじんだら、スキンケアの仕上げに薬用ジェル状クリームの「スキンコンディショニング セラム」を使います。美容液と同じようにパール1粒分を手にとり、こすらないようにして顔全体に広げます。そして、ハンドプレスで優しく肌になじませます。保湿クリームのステップも、1日2回、朝晩に行います。

セルフケアがうまくいかないときは皮膚科医に相談

「生活習慣やスキンケアを見直したのに、やっぱり赤ニキビが目立つ…」というときは、皮膚科でニキビ治療を受けましょう。保険適用で薬の治療ができる他、自由診療になりますが肌環境を整えて健康的な状態に導くピーリングなどの治療もあります。すでにニキビ跡が残ってしまった場合も、レーザー治療でなるべく目立たないようにしていくこともできます。自分の手に負えないニキビを早く治したいなら、皮膚科医に相談しましょう。

肌別のニキビケアの記事を見る >>

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top