Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

白ニキビとは?正しいスキンケアで症状の悪化を予防する方法

昨日までなめらかだった肌の上に、ポツンと現れる白い膨らみ。それが白ニキビです。まだ目立たないとはいえ、触り心地が悪く気になります。しかも、放っておくとどんどん目立つニキビに進行してしまう可能性もあります。白ニキビの段階で進行を食い止めて、健康的な美肌を取り戻したいですよね。この記事では、白ニキビの原因や正しいスキンケアの方法について解説します。

白ニキビの特徴と原因

知っているようで知らない、ニキビの基礎知識。白ニキビにはどんな特徴があり、何が原因でできるのでしょうか?

白ニキビの特徴

白ニキビとは、ニキビの中でも初期段階のものを指します。毛穴の出口が詰まってしまったことで毛穴の中に皮脂や角質がたまり、詰まりを起こしている状態です。見た目の特徴は、肌の一部が小さくポツンと膨らんでいて、皮脂や角質が白っぽく見えることです。まだニキビが炎症を起こしていないため、痛みやかゆみなどの症状はありません。

白ニキビができる原因

白ニキビは、毛穴に皮脂や角質が詰まることで生じますが、このような詰まりを起こす原因は皮脂の過剰な分泌です。皮脂はニキビの原因にもなりますが、本来は汗と混じって肌表面に皮脂膜を作り、外部の刺激や乾燥から肌を守る役割をするものです。しかし、様々な要因で皮脂の分泌が過剰になってしまうと、毛穴を詰まらせてしまいます。

皮脂を過剰に分泌させる要因の一つは、ホルモンバランスの乱れです。ニキビができやすい思春期は、皮脂の分泌を促進する男性ホルモンの分泌が増えやすくなっています。また、肌が乾燥しているとうるおいを補おうとして皮脂が分泌されることもあります。

皮脂や角質の詰まりは、実は白ニキビができる前から始まっています。この状態をコメド(微小面皰)と言い、コメドが作られる時点ですでに皮脂の分泌は過剰になっているのです。ニキビを予防したいなら、ニキビがないときから皮膚の皮脂バランスが崩れないように気をつけて、コメドを作らないことが大切です。

白ニキビの進行段階別の特徴と悪化を防ぐための注意点

白ニキビが悪化すると、ニキビの色や形、本人が感じる負担の大きさも変わってきます。悪化を防ぐにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

白ニキビが悪化するとどうなる?

白ニキビはニキビの初期段階です。悪化すると、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの順に進行していきます。それぞれの特徴は次のようになっています。

黒ニキビ

白ニキビができた毛穴が開いて、空気に触れた皮脂や角質が酸化して黒ずんで見える状態を黒ニキビと言います。思春期のニキビはおでこや鼻によくできますが、鼻の毛穴で多数の黒ニキビができるとまるでイチゴのように見えることから「イチゴ鼻」と呼ばれることもあります。

赤ニキビ

黒ニキビが進行すると、赤みをおびて膨らみのある赤ニキビになります。ニキビだけでなく毛穴の周辺の皮膚にも赤みが広がることもあります。赤ニキビが黒ニキビと異なるのは、アクネ菌が増殖して炎症を起こしていることです。ニキビが熱を持っていたり、痛みやかゆみを伴ったりするので、思わず指で触れたくなることもあるかもしれません。見た目も、より目立つニキビになります。

黄ニキビ

赤ニキビがさらに進行すると、黄色い膿がたまった黄ニキビになります。膿の正体は菌の増殖を食い止めようとした白血球の残骸です。赤ニキビと同様に痛みやかゆみを感じることもあります。赤ニキビと黄ニキビはニキビ跡になる可能性があるため、早めのケアが大切です。

メイク

白ニキビができたときの注意点

白ニキビができると、状態を確かめるために触りたくなりますが、不用意に指で触れないようにしてください。手についた雑菌が毛穴に入り込むと、そのせいでニキビが悪化するかもしれません。

また、スキンケアにおいては肌の乾燥に注意してください。肌が乾燥すると皮脂の分泌を悪化させ、毛穴詰まりを悪化させる引き金になるからです。アルコール配合タイプなど、刺激の強い洗顔料は使わないようにしましょう。

白ニキビに効果的なスキンケアの方法

では、白ニキビができたら具体的にどんなスキンケアをすればいいのでしょうか?効果的なスキンケアイテムも紹介します。

白ニキビの予防が期待できる生活習慣

肌の健康を取り戻すには、肌につけるものだけでなく、生活全体を見直す必要があります。

まず、睡眠不足の解消です。肌は、常に新しい細胞が作り出され、古い細胞は角質として剥がれ落ち、一定の周期で生まれ変わっているのです。このサイクルをターンオーバーと言います。しかし睡眠不足になるとこのサイクルが乱されるため、肌環境をサポートするには早寝して十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

また、勉強や友達関係などでストレスをためないことも大切です。ストレスはホルモンの分泌と密接に関わっています。ストレスがたまるとホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが刺激されて過剰な皮脂の分泌につながることがあります。

マスク

白ニキビに効果的なスキンケア

白ニキビができてしまったときや、予防したいとき、スキンケアの基本は洗顔と保湿です。プロアクティブなら、簡単な3ステップでニキビ対策のスキンケアができます。

STEP1:薬用洗顔料「スキン スムージング クレンザー」

スキン スムージング クレンザーは、肌の汚れを取り除いて、思春期のニキビ予防に役立つ薬用洗顔料です。有効成分のサリチル酸を配合していて、古い角質を取り除く効果も期待できます。

洗顔は、1日2回、朝晩に行います。まず顔全体を水でぬらして、ティースプーン1杯程度のスキン スムージング クレンザーを手に取ります。これを顔全体に優しくマッサージするように広げてください。そしてぬるま湯を使ってすすいだら、タオルを肌に軽く当てて、優しく水分を吸い取ります。髪の毛の生え際やフェイスラインに洗顔料が残るとニキビや肌荒れの原因になるので、丁寧にすすぎましょう。

STEP2:薬用美容液「ポアターゲティング トリートメント」

ポアターゲティング トリートメントは、洗顔後の肌を保湿して、キメを整えやすくする薬用美容液です。独自開発の「スマートターゲット™ テクノロジー」を採用していて、有効成分のサリチル酸を角質層まで浸透させることができます。つけ心地が軽いので、これまで美容液を使ったことがない人も扱いやすいアイテムです。

洗顔後、または化粧水をなじませた後に、パール1粒分の美容液を手に取って、顔全体に薄く伸ばしていきます。肌を強くこすらないように注意しながら広げてください。全体に行き渡ったら、肌にたっぷりと水分を含ませるイメージで、手で優しく抑えてハンドプレスします。

STEP3:薬用ジェル状クリーム「スキンコンディショニング セラム」

スキンコンディショニング セラムは、3ステップの仕上げとして肌を健やかに保つ薬用ジェル状クリームです。保湿効果のある植物エキスや、消炎効果が期待できる有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて、うるおいを与えながらニキビ予防を期待できます。ジェル状で肌になじみやすいことも毎日使いたくなるポイントです。

美容液が完全に肌になじんだら、パール1粒大のクリームを手に取り、顔全体に薄く広げていきます。美容液のときと同じように、肌をこすらないこと、そして優しくハンドブレスすることが大切です。

白ニキビができてもメイクしたいときは?

大切なイベントの直前になって白ニキビができてしまうと、テンションが下がりますよね。せめてメイクで上手にカバーして、前向きな気持ちで出かけましょう。

ニキビができたときは、これ以上悪化させないためにメイク前の保湿ケアを丁寧に行って、乾燥を予防してください。メイクの効果で白ニキビを目立たないようにしたいときは、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。ファンデーションの前にカバーしたいニキビにピンポイントで使ってみてください。メイクに慣れている人はパレットタイプのコンシーラーもおすすめです。絵の具のように混ぜて自分の肌色にぴったりな色味を作ることができます。

ファンデーションは、肌への負担が軽いミネラルファンデーションがおすすめです。敏感肌の人は皮膚科で取り扱っているコスメから選んでみるのもいいでしょう。メイクをした日は帰宅したらなるべく早めにクレンジングをして、その日のうちにメイクを落とすようにしてください。

白ニキビはニキビの初期段階ですが、油断は禁物です。ニキビがあったことがわからないくらいなめらかな肌を早く取り戻すために、生活習慣やスキンケアを見直して、できることから実践してみてください。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top