Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.

日本売上No1ニキビケアがさらに進化したプロアクティブ+(プラス) 通販にてお買い求めいただけます

0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

WEB注文

ニキビや肌荒れの原因とは?適切なスキンケアの仕方とおすすめ商品

つるつる肌でいたいのに、気がつくと頬にプチっとニキビができたり、肌荒れしていたり…。朝起きて肌の調子が悪いとテンションも上がりませんよね。
ニキビや肌荒れにはどんな原因があり、どうやって予防すればいいのでしょうか?ひょっとすると、あなたが毎日続けてきた習慣の中に見直すべきポイントがあるかもしれません。この記事では、ニキビや肌荒れの予防の仕方やおすすめのケアアイテムを紹介します。

ニキビや肌荒れの原因

ニキビ肌や肌荒れに悩まないために、まずはなぜ起きるのかという仕組みについて知っておきましょう。

ニキビの原因

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴の出口を塞いでしまうことから始まります。そして皮脂は排出されずに毛穴の中にどんどん溜まっていき、ニキビの原因菌であるアクネ菌が皮脂をエサにして繁殖することでニキビができます。
初期は炎症のない白ニキビや黒ニキビですが、炎症を起こすとかゆみや痛みを伴う赤ニキビ、膿が溜まった黄ニキビへと重症化していきます。

皮脂が過剰に分泌する原因

ニキビができるきっかけとなる皮脂の過剰分泌は、なぜ起こるのでしょうか?皮脂分泌のコントロールにはホルモンバランスの変化が影響していて、ホルモンバランスが乱れると皮脂が出やすくなったり、肌の乾燥を招いて余計に皮脂が出やすくなったりします。

10代は、思春期に入って第二次性徴で大人の体に変化していく中で、体内のホルモンバランスが大きく変化します。また、睡眠不足や食生活の偏り、ストレスがたまってしまうことなどもホルモンバランスの乱れにつながっていきます。

皮脂詰まりが起きる原因

皮脂が毛穴の出口を詰まらせてしまうのは、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れて、角質の硬化が起こることが原因です。
肌には天然のバリア機能が備わっていますが、これが乾燥、紫外線、花粉、間違ったスキンケアなどによって低下すると、ターンオーバーのサイクルが乱れやすくなります。

肌荒れの原因

10代の肌を悩ませるのは、ニキビだけではありません。吹き出物、カサつき、赤みなど様々な肌荒れが生じることもあります。

実は、肌荒れが生じる原因はニキビと共通点が多いと言えます。いずれもホルモンバランスの乱れ、バリア機能の低下などからターンオーバーが乱れて、肌荒れにつながっています。また、便秘などで腸内環境が悪化すると、老廃物が排出されず、肌荒れが生じるケースもあります。

つまり、ニキビにも肌荒れにも負けない健やかな美肌になるには「ホルモンバランスを整えること」と「肌のバリア機能を保つ」ことが重要です。

ニキビや肌荒れを予防する適切なケア

では、ホルモンバランスと肌のバリア機能のためには、生活習慣や毎日のスキンケアでどんなことに気をつければいいのでしょうか?

ホルモンバランスを整える

栄養バランスの整った食生活を送る

ホルモンバランスが良い状態は、栄養バランスの整った食生活で体が健康な状態であることが基本です。
思春期は体型の変化が気になりやすい時期ですが、「周りの友達はもっと細いから…」と気にして、食事の量を極端に減らしたり特定の食材ばかり食べたりしていませんか?ダイエットとして行っていることが、ホルモンバランスの乱れを招いてニキビや肌荒れの原因になっているかもしれません。

ホルモンバランスを整えて健康的な肌を目指すなら、主食、主菜、副菜をバランス良く揃えて食べることを意識しましょう。
ビタミンや食物繊維など美肌づくりに必要な栄養はサプリメントに頼らず、毎日の食事から摂取することが大切です。また、10代の生活はついついファストフードやお菓子などに手が伸びがちですが、皮脂の分泌を活発にさせる糖分、脂質の多い食べ物は控えるように心がけましょう。

栄養バランスの整った食事

睡眠不足の解消

睡眠不足で体力をしっかり回復できていない時も、ホルモンバランスが乱れがちです。
あなたは夜、十分な睡眠時間を確保できていますか?布団に入った後もなかなか眠りにつきにくいという人は、寝る前に静かな音楽を聴いたり、スマホやテレビを控えたりしましょう。また、眠りが浅い場合は枕が合っていないことも考えられるので、自分の姿勢に合った枕に変えることも一つの方法です。

ストレスの発散

ホルモンバランスは心の状態にも影響を受けます。人間関係に悩んでいる時、試験前でナーバスになっている時など、ストレスがたまっていると肌のコンディションも悪化します。毎日の生活にウォーキングなど軽い運動をプラスしたり、趣味の時間やリラックスできる時間を持ったりして、ストレス発散を心がけましょう。

肌のバリア機能を保つ

肌のバリア機能を保つには、外部刺激への対策、特に紫外線対策が大切です。外出時は年間を通してシーンに応じた日焼け止めを使用したり、帽子をかぶって顔になるべく日差しが当たらないようにしたりしましょう。

また、乾燥肌やオイリー肌など、自分の肌タイプに合った正しいスキンケアを行うことも重要です。肌が敏感な人は、化粧品が原因でかゆみや肌荒れなどの症状が起こることもあります。購入前に複数の商品でパッチテストをしてから化粧品を決めると肌トラブルを防ぎやすいでしょう。

自分に合ったスキンケアアイテムを選んだら、適切な使い方をしましょう。
余分な皮脂を落とそうとして、ゴシゴシと力を入れて洗ったりしていませんか?洗顔時の強い刺激は肌の乾燥を招き、皮膚がバリア機能を保とうとして過剰な皮脂を分泌する可能性があります。間違った洗顔がニキビ発生の原因とならないように、気をつけましょう。

ニキビ予防におすすめのプロアクティブ3ステップセット

ニキビも肌荒れも予防したい人には、プロアクティブのニキビケアラインナップがおすすめです。ライン使いで洗顔から保湿まで一貫したケアができます。

STEP1:スキン スムージング クレンザー

スキン スムージング クレンザーはプロアクティブの薬用洗顔料です。有効成分のサリチル酸を配合していて、ニキビのできにくい肌に導きます。肌に刺激を与えにくいソフトスクラブが古い角質や余分な皮脂を洗浄しながら、ブドウエキスなど植物由来の保湿成分がうるおいのある洗い上がりへと導きます。

使い方は、クレンジング後にぬるま湯か水で顔全体を洗った後、ティースプーン1杯程度を顔全体に伸ばして、優しくマッサージするように洗います。終わったら髪の生え際やフェイスラインなどに洗顔料がのこらないように丁寧にすすぎます。
タオルで顔を拭く時はゴシゴシとこすらず、軽くあてるようにしてそっと水分を拭き取りましょう。

STEP2:ポアターゲティング トリートメント

ポアターゲティング トリートメントはプロアクティブの薬用美容液です。
有効成分サリチル酸を毛穴の奥まで届きやすくする独自開発の「スマートターゲット™テクノロジー」が採用されています。ジェルは軽い使い心地なので、オイリー肌で保湿アイテムの重ね付けが苦手な人にもぴったり。肌にハリ、なめらかさ、うるおいを与えます。

使い方は、洗顔後または化粧水を完全になじませた後に、パール粒大を手に取って優しく肌になじませます。デリケートな目のまわりは避けるようにしてください。手のひらで顔全体を包むようにハンドプレスすると肌になじみやすくなります。

STEP3:スキンコンディショニング セラム

スキンコンディショニング セラムは、プロアクティブの薬用ジェル状クリームです。
レモンエキスやオトギリソウエキスなど植物由来の保湿成分を豊富に配合していて、うるおいのあるみずみずしい肌に仕上げます。また、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムも配合していて、ニキビや肌荒れを予防する効果も期待できます。

使い方は、美容液が十分肌になじんだ後、パール粒大を手に取り、目のまわりは避けて顔全体に伸ばします。完全になじませた後、外出する場合はSPF15以上の日焼け止めを塗ってからメイクをするようにしましょう。

血行不良を解消するには湯船に浸かろう

ニキビや肌荒れだけでなく、冷えや便秘にも悩んでいる人は、全身の血液の流れが滞りがちなのかもしれません。血行不良になると栄養や酸素が肌細胞まで届きにくくなり、ターンオーバーが乱れがちです。

全身の血行を良くするには、毎日の入浴をシャワーだけで済まさず、きちんと湯船に浸かることがおすすめです。体があたたまるだけでなく、水圧によるマッサージ効果や、浮力で心身ともにリラックスできる効果も期待できます。
また、ストレス解消、寝付きの悪さの解消、疲労解消にも役立つので、いいことづくしです。ぬるめのお湯にゆったりと浸かって、楽しみながら肌の調子を上げていきましょう。

入浴

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top