Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビや気になる毛穴を改善したい!基本のスキンケアと生活習慣

陶器のようになめらかで透明感のある美肌を見ると、女の子なら誰でも憧れちゃいますよね。でも鏡を見るとポツポツと黒ずんで目立つ毛穴や、いつの間にかできてしまったニキビが…。ちゃんとスキンケアしているつもりなのにどうして?10代の肌の毛穴ケアやニキビケアはどんなことをすればいいのでしょうか?この記事ではニキビと毛穴の関係や、ニキビ肌におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

ニキビと毛穴の関係

おでこや頬など顔のいろんなところにできるニキビ。気がつくと黒ずんでいることもありますよね。まずはニキビと毛穴の関係を知っておきましょう。

ニキビができる仕組み

ニキビは、毛穴の出口が詰まり、中に皮脂や古い角質がたまった状態から始まります。ニキビの原因菌であるアクネ菌は皮脂を好み、毛穴の中で繁殖してニキビの発生につながっていきます。

10代にとって皮脂が過剰に分泌される原因は、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスなどが考えられます。特に思春期は体が大人になる準備をしていく中でホルモン分泌が乱れやすく、思春期ニキビができやすくなっています。また、肌が乾燥すると、肌が本来持っているバリア機能が低下して、皮膚の最も外側にある角層が厚く硬くなってしまいます。

ニキビが毛穴に与える影響

ニキビができると、その毛穴の中には皮脂・角質が詰まっています。普段は自然と排出されるものが残っていると、毛穴が押し広げられ、毛穴が開きやすくなってしまいます。そして詰まった皮脂が酸化すると黒ずみになり、広がった毛穴の出口から見えて黒く目立つようになり、白ニキビから黒ニキビに変わります。
つまり、毛穴の黒ずみとニキビはどちらも毛穴を詰まらせないことが大切です。

ニキビや気になる毛穴の適切なケア

では、ニキビや気になる毛穴には具体的にどんなケアを行えばいいのでしょうか?おすすめケアアイテムも紹介します。

基本のスキンケア

肌を清潔に保つ

これ以上毛穴やニキビで悩まないためにまず行いたいのは、肌を毎日清潔に保つことです。毛穴に雑菌が入ると、ニキビが炎症を起こして悪化するおそれがあります。今は黒ずみの段階でも、炎症を起こした赤ニキビや黄ニキビになると治りにくく、ニキビ跡が残る可能性も高まります。

あなたは眠くて面倒臭いからといって、洗顔せずにベッドに入ってしまうことはありませんか?肌を清潔に保つには毎日の洗顔を欠かさず行いましょう。
ただし、1日に何度も洗うと余計に皮脂が分泌され乾燥を招く恐れがあるため、1日の洗顔回数は朝晩の2回でOKです。このほかにも、清潔さを保つためには、ニキビが気になるからといって指で触ったり押したりしないように気をつけましょう。

十分に保湿する

肌を清潔に保つのと同じくらい必要なのが丁寧な保湿ケアです。洗顔後に保湿を十分に行わないと、肌が乾燥して余計に皮脂分泌が増えてしまうからです。
洗顔後の肌が潤っているうちに、化粧水や保湿液、美容液などでケアします。化粧水は適量をコットンに取り、優しくなじませていきます。パタパタと叩くようにパッティングすると刺激になるのでやめましょう。

日焼け止めを塗る

日焼け止め

紫外線は1年中降り注いでいますが、夏以外は紫外線ケアが疎かになっている人も多いのではないでしょうか?紫外線は日焼けを起こすだけでなく、乾燥や炎症のもとになってニキビや毛穴の目立ちをより悪化させてしまうことがあります。

日焼け止めはシーンや肌のコンディションに合ったものを選びましょう。使いやすいタイプとしては、伸びの良いローションタイプ、乳液タイプ、肌への負担が少なく油性肌向きのオイルフリータイプがおすすめです。
塗り方は、鼻や頬の高い位置など紫外線がよく当たる部位に重点的に塗るほか、痛みを伴うニキビには患部は避けて、指でそっと塗りましょう。

ニキビケアにはプロアクティブの商品がおすすめ

薬用洗顔料:スキン スムージング クレンザー

【効果】
古い角質や余分な皮脂汚れをソフトスクラブで洗い流します。殺菌効果のある有効成分サリチル酸配合でニキビ肌を清潔に保ち、角質をやわらかくする効果も期待できます。ブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキスなど植物由来の保湿成分を配合しています。

【使い方】
1日2回、朝晩の洗顔に使用します。顔全体を濡らした後に適量を肌に伸ばし、そっとマッサージするように洗います。顔全体に行き渡ったら、ぬるま湯でよくすすぎます。髪の生え際や小鼻、フェイスラインなどにすすぎ残しがないように注意しましょう。最後にタオルで軽く抑えるようにして水分を拭き取ります。

薬用化粧水:リバイタライジング トナー

【効果】
グリコール酸配合で、肌のターンオーバーを正常に保ちやすくする働きがあります。また、アロエ、カモミラエキスなどの植物エキス配合で、肌の保湿に効果的です。不要な角質を落として、過剰な皮脂も抑え、肌を引き締める効果が期待できます。

【使い方】
1日2回、朝晩の洗顔後に使用します。500円玉大をコットンに染み込ませて、軽いタッチで拭き取るように、肌に優しくなじませていきます。摩擦や強いパッティングで肌を刺激しないようにしましょう。

薬用美容液:ポアターゲティング トリートメント

【効果】
独自開発の「スマートターゲット™テクノロジー」により、ニキビ予防有効成分と潤いを毛穴の奥まで浸透させる効果が期待できます。肌をやわらかくして、ハリをもたらしやすい薬用美容液です。

【使い方】
1日2回。朝晩の洗顔後、または化粧水後に使用します。パール粒大を目安に手に取って、顔全体に薄く伸ばします。目の周りは避けて広げたら、ハンドプレスでしっかりとなじませます。

薬用ジェル状クリーム:スキンコンディショニング セラム

効果】
消炎効果の働きがあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合していて、肌荒れやニキビを予防する効果が期待できます。また、レモンエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、ゴボウエキスなど豊富な植物エキスも配合されていて、肌にキメの整ったハリをもたらします。

【使い方】
1日2回、朝晩のスキンケアの仕上げに使用します。美容液を使用した後、パール粒台を目安に手に取って顔に広げます。出かける前には、完全になじませた後に日焼け止めクリームを使いましょう。

生活習慣を整えてニキビと毛穴をきれいに

ニキビと毛穴のケアのために、スキンケアだけでなく生活習慣にも見直すべきポイントがないかチェックしておきましょう。

生活習慣の改善方法

十分な睡眠

睡眠不足は免疫力を低下させ、ホルモンバランスが崩れる原因になります。深い眠りのためには、入眠2時間前の食事やカフェイン類、アルコールの摂取は避けましょう。また、寝る直前は、交感神経を刺激して目が覚めやすくなるとされている激しい運動も控えましょう。

栄養バランスの取れた食事

栄養バランスに偏りのある食事が続いていては健康な体を維持できず、その結果ホルモンバランスが乱れることがあります。バランスを整える目安として、主食、主菜、副菜を準備して、三食欠かさず食べることを意識しましょう。

ストレスの解消

体と同様に心も健康でないと、ホルモンバランスの乱れにつながる可能性があります。毎日の生活に自分なりのストレス解消方法を取り入れるように心がけましょう。軽いスポーツで汗をかく、ぬるめの湯船にゆったりと浸かる、リラックス効果が高いアロマの香りを楽しむ、といったことなら、毎日の生活にも気軽にプラスできますよ。

ニキビや毛穴を化粧品でカバー

メイク

スキンケアや生活習慣の見直しで肌トラブルへの効果を実感するまでには、少し時間がかかります。ニキビや毛穴をすぐに目立たないようにしたい人は、お出かけ前のメイクを一工夫してみましょう。

ニキビや毛穴の開き気になる部分は、コンシーラーを使って集中的にカバーします。ファンデーションだけでカバーしようとするとどうしても厚塗りになってしまいがちですが、コンシーラーを併用することでよりナチュラルな仕上がりになります。肌のトーンに合った色味のコンシーラーを選びましょう。

帰宅後はきちんと落とさないとさらなるニキビや毛穴トラブルのもとになるので、コンシーラーを塗った部分は特に丁寧にクレンジングしてください。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top