Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブ【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ予防の決定版!生活習慣改善から効果的なスキンケアまでを解説

誰もがニキビはできてほしくないと願っているはずです。でも、どのようにしたらニキビ予防になるのか考えてしまいますよね。それは意外にも、日常の基本的なことに意識を向けることなのです。具体的には、あなたの生活習慣の改善とスキンケアを見直すことがとても大切になってきます。早速、ニキビ予防のために、今日からできる方法を見ていきましょう。

ニキビの予防方法~生活習慣編~

食事、睡眠などの生活習慣を見直すことがニキビ予防につながっていきます。あなたにも思い当たることがいくつかあるかもしれません。

ニキビ予防に生活習慣の見直しが大切な理由

ニキビができる主な原因を知っていますか?それは、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌です。不規則な生活をしているとホルモンバランスが乱れる原因になってしまいます。毛穴に詰まった皮脂や角質をエサとしてアクネ菌が繁殖することでニキビができやすくなるのです。特に思春期の頃は皮脂の分泌量が多くなります。

ニキビの発生を予防するには、適切な生活習慣を送りホルモンバランスを整えることで、過剰な皮脂分泌を抑えることがポイントになってきます。
生理前に肌荒れや顔に吹き出物ができるなど、肌トラブルが生じるのも女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスが崩れることによるものです。

生活習慣である食生活、睡眠の改善やストレスを軽減するためには、どうしたらよいのでしょう。

食生活の改善

栄養バランスの整った食事

今一度、食生活を見直してみましょう。栄養バランスを重視して、三食欠かさず食べるようにしてください。偏食をやめて、ビタミン類、食物繊維、タンパク質をバランスよく取り入れた食事を心掛けましょう。
揚げ物は脂質が多く皮脂の量にも影響してくるので、頻繁に食べることは避けてください。
美肌を目指すためにも、ビタミンA(鶏レバー、ほうれん草など)とビタミンC(緑黄野菜、果物)を多く含む食品を摂りましょう。ちなみに、ビタミンCには皮脂分泌や活性酸素を抑える作用があります。

便秘にならないように食物繊維(きのこ類、海藻など)も意識して摂りましょう。便秘になると新陳代謝や腸内環境が悪くなり、ニキビの原因菌が繁殖しやすくなります。あなたが口にするものが肌に影響してくることを頭においておきましょう。

良質な睡眠を取る

思春期の頃は、男女とも身体が大人へと成長していく過程で、成長ホルモンが盛んに分泌されます。この成長ホルモンが皮脂を過剰分泌させニキビの原因を作るのですが、意外にも睡眠中の成長ホルモン分泌は肌を修復する働きがあるのです。
成長ホルモンはノンレム睡眠(就寝後30分~60分後)に分泌量が多いとされています。早めに就寝し、十分な睡眠を取るようにしましょう。

睡眠中に多くの成長ホルモンが分泌されるためには、良質な睡眠でなければなりません。そのためには、就寝前はリラックスして、眠りやすい状態、環境を作ってください。たとえば、照明を暗くする、軽いストレッチをする、自分が心地好いと感じる音楽をかけてみるなど試してみてはいかがでしょうか。
就寝前に避けたいことは、スマートフォンやテレビゲームなどの使用です。それらから発せられるブルーライトは、睡眠の質を低下させてしまうので就寝前の使用は止めるようにしてください。

睡眠不足になると交感神経が優位に働き、男性ホルモンの分泌が増えて過剰な皮脂分泌を引き起こすことになります。また、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れ、角質が厚くなりニキビの原因になりますし、できてしまったニキビは治りが遅くなってしまうのです。

ストレスを解消する

ストレスが蓄積されると、ホルモンバランスが不安定になるという見方があります。ストレス解消のために、適度な運動を生活に取り入れてみてください。運動することで代謝が高まり、体が温まると、リラックス時に働く副交感神経が活発になり、ストレスが解消されやすいとされています。
また、入浴する時は熱い湯ではなく、ぬるめのお風呂に浸かるようにしましょう。こちらも副交感神経が刺激されてリラックスできるといわれているからです。

悩みごとや不安なことがあると、何かと自分で抱え込みがちですが、友人や家族とおしゃべりをして、悩みを相談したり、不満を聞いてもらったりしてみてください。そうすることで、心が軽くなりストレス解消につながるかもしれません。

ニキビの予防方法~スキンケア編~

ニキビの予防には正しいスキンケアを身に着けることも大切です。間違ったスキンケアは肌を刺激したり、皮脂分泌が増えたりしてニキビ予防の妨げになりかねません。

洗顔

洗顔

洗顔をする際は、洗顔料をよく泡立てて優しく洗ってください。そうすることで、肌への刺激を和らげられることができます。洗い流す時には、熱いお湯ではなく肌に刺激の少ないぬるま湯で洗い流しましょう。メイクや洗顔料の落とし残りがないように丁寧に洗顔してください。ごしごしする洗顔はNGです。また、洗い流す時に、シャワーを直接顔に当てるようなことは肌を刺激してしまうので、やめましょう。

洗顔後は清潔なタオルを使用し優しく水分を拭き取ります。この時もタオルでごしごし顔を擦らないように注意してくださいね。洗顔は1日2回を目安に行ってください。洗浄し過ぎや、擦り過ぎは肌の乾燥を招くおそれがあります。肌が乾燥すると、油分を取り戻すために皮脂の分泌が促されてしまいます。ニキビができる要因には、このような肌の乾燥による皮脂の過剰分泌が招いているケースも少なくありません。

保湿

洗顔をしたら、できるだけ時間をあけずに保湿をしましょう。ニキビ予防にとって保湿は重要なポイントです。保湿をすることで、脂分と水分のバランスを保つことができ、肌のターンオーバーを正常に維持しやすくなります。また、角質を柔らかくし、毛穴の詰まりを抑える効果が期待できるのです。

ニキビ予防や初期段階のニキビ(白ニキビ)には、スキンケアの見直しをおすすめします。それでは、どのようなものを選べばよいのでしょう。

まず、「薬用」、「ノンコメドジェニックテスト済」と記載されたニキビ予防のためのスキンケアアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。「薬用」とは医薬部外品としての認可を受けたものでニキビ予防が期待できるものです。また、「ノンコメドジェニックテスト」とは、ニキビの初期段階であるコメドが一定期間できないかどうか調査したテストのことをいいます。

ニキビ予防にはプロアクティブ+がおすすめ

プロアクティブ+はできてしまったニキビだけでなく、ニキビ予防のためにも効果が期待できます。また、全ての肌タイプの方にお使いいただけますよ。

薬用洗顔料:スキン スムージング クレンザー

肌に優しいソフトスクラブで、ニキビを予防し、毛穴の汚れまですっきり洗い流す薬用洗顔料です。殺菌作用の高い有効成分サリチル酸により、ニキビのできにくい健康的な肌へと導き、ブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、クワエキスなど、主に植物由来の肌に負担の少ない保湿成分を配合しています。
ノンコメドジェニックテスト済、アレルギーテスト済(全ての方にコメドやアレルギーが起きないというわけではありません)。

薬用ジェル状クリーム:スキンコンディショニング セラム

肌のコンディションを整え、ニキビを予防する薬用ジェル状クリームです。有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合で肌荒れに効果を発揮、また保湿効果のある植物エキスを贅沢に配合しており、ニキビを予防しながら肌に潤いを与えてくれます。
ノンコメドジェニックテスト済、アレルギーテスト済(全ての方にコメドやアレルギーが起きないというわけではありません)。

薬用美容液:ポアターゲティング トリートメント

ニキビ予防有効成分と潤いを毛穴の奥まで届ける薬用美容液で、軽いつけ心地のジェルタイプです。プロアクティブの独自技術・スマートターゲット™テクノロジーを採用し潤いを浸透させ、キメを整え、アロエ液汁など肌を引き締める植物由来の保湿成分が配合されています。
ノンコメドジェニックテスト済、アレルギーテスト済(全ての方にコメドやアレルギーが起きないというわけではありません)。

ニキビで悩む前にニキビ予防を!

ニキビができて落ち込む前に、是非ニキビ予防に取り組んでみましょう。ご紹介した生活習慣の改善やスキンケアの見直しは、少しの努力で行えるものばかりです。できることから取り入れて、ニキビ予防に役立ててください。
それでも、もしニキビができてしまったら、悪化させないためにも早めに皮膚科を受診し、正しいニキビケアを始めましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top