Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
【公式】ニキビケア化粧品のプロアクティブ+(プラス)通販・販売サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

15年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

ニキビ改善のスキンケア

悩みの種

「青春のシンボル」と呼ばれるニキビですが、本人にとっては頬や小鼻にひとつあるだけでも悩みのタネになるもの。しかし、早く治そうと思って触ったり、潰したりするのはNGです。ニキビの炎症が悪化して、シミのような跡が残ってしまう可能性があります。自分でできるニキビ対策として、効果的なスキンケアの方法をご紹介します。

ニキビの基礎知識

まずは、ニキビについての基礎知識を学ぶことが、スキンケアの第一歩です。ニキビができる仕組みや種類についてみていきましょう。

ニキビとは

何らかの原因で過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖した状態です。アクネ菌とはニキビの原因菌で、誰もが持っている肌の常在菌の1種。毛穴に充満した皮脂をエサにして過剰に繁殖すると、炎症を引き起こしてニキビ発生の原因となります。ニキビの初期段階は白ニキビ、悪化すると、角栓が酸化して黒くなった黒ニキビ、赤みをおびた赤ニキビ、さらに黄色い膿がたまった黄ニキビの順に進行していきます。

ニキビの種類

ニキビには大きく分けて、10代の頃にできる「思春期ニキビ」と20代以降にできる「大人ニキビ」の2種類があります。どちらのニキビもスキンケアの見直しや生活習慣の改善により和らげることができます。

思春期ニキビ

原因の多くは、第二次性徴期に起こるホルモンバランスの変化によるものです。この時期は、男子だけでなく、女子も男性ホルモンの比率が高くなるため、皮脂の分泌が活発になります。皮脂分泌が多いTゾーンや髪の生え際など、顔の中心にできやすいのが特徴です。

大人ニキビ(吹き出物)

ストレスや生活習慣の乱れなどによるホルモンバランスの変化などが主な原因です。フェイスライン、口の周りを中心に多く見られます。

ニキビに効果的なスキンケアと生活習慣

ニキビは、日頃のお手入れや生活習慣など、さまざまな要素が複雑に絡み合ってできます。正しいスキンケアと規則正しい生活習慣で、ニキビができにくい美肌を目指しましょう。

正しいニキビのスキンケア

スキンケアの基本は、洗う→補う→守るの3ステップです。

1.洗う

クレンジング

メイクが十分に落としきれていないと、化粧品成分が皮脂と混ざって毛穴の中で酸化し、ニキビができやすくなります。1分程度時間をかけて丁寧にクレンジングをしましょう。

洗顔

洗顔料をよく泡立てたら、指が直接顔に触れないように泡で優しく洗ってください。きれいに洗ったら、たっぷりのぬるま湯ですすぎます。

2.補う

洗顔後は乾燥しやすいので、すぐに化粧水・ローションで水分を補います。化粧水はたっぷりと使用するのがポイントです。乾燥しやすい部分を中心に丁寧になじませ、最後にハンドプレスします。

3.守る

化粧水で補った水分を蒸発させないために、保水後はすぐに乳液やクリームでカバーします。乳液、クリームを使用することで、肌のバリア機能をサポートしましょう。

ニキビをケアする際の注意点

洗顔しすぎない

過度な洗顔は肌を乾燥させ、適度な油分まで洗い流すため、肌トラブルを招く可能性があります。朝晩の1日2回を目安に行いましょう。

長時間クレンジングをしない

クレンジング剤は肌への刺激が強いものが多いので、長時間の使用は禁物。肌に必要な成分まで落とされてしまい、バリア機能が低下して、肌の乾燥を招きます。特に、乾燥肌や敏感肌には負担をかけることに。メイクとよくなじんだら、素早く洗い流してください。

指で顔に触れない

手についた雑菌がニキビに付着して、症状が悪化するおそれがあります。ニキビができたら、触ったり潰したりしたくなる衝動はぐっとこらえましょう。

ニキビ改善に効果的な生活習慣

食生活を改善する

今のところ、食べ物とニキビの因果関係ははっきりとわかっていませんが、日々の食事がニキビに影響を与えるという見解もあります。栄養バランスが整った食事を心がけ、食べ物から良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどを摂取しましょう。反対に、脂質や糖分の摂りすぎは控えてください。

質の高い睡眠を取る

睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが乱れてニキビの原因となります。肌のゴールデンタイムは、入眠から3~4時間とされ、ターンオーバー(肌代謝)が正常に働きやすい時間といわれています。睡眠の質を高めるには、入眠直後に深い眠りを取ることが大切です。スマホやパソコンのブルーライトは、神経を刺激して入眠を妨げるとされています。就寝前には触らないようにしたいですね。

ストレスを解消する

ストレスはニキビの大敵です。バスタイムを楽しむ、アロマを炊く、好きな音楽を聴くなどのストレス解消法を暮らしに取り入れましょう。ヨガや水泳、ウォーキングといった適度な運動を定期的に行い、ストレスを解消するのもおすすめです。

紫外線対策をする

日傘

紫外線には、肌のバリア機能を低下させるおそれがあります。紫外線を浴びることで角質層が厚くなり、ターンオーバーが乱れると、ニキビができる原因となることも。日焼け止めクリームは毎日使用し、外出時は日傘やサングラスを用いるなどして、しっかり紫外線を予防しましょう。

ニキビケアアイテムを選ぶコツとおすすめ商品

ニキビ肌には、どのようなスキンケアアイテムを選ぶといいのでしょうか。選び方のコツとおすすめ商品をご紹介します。

ニキビのスキンケア商品を選ぶコツ

1.成分に注目する

ニキビケアアイテム選びの重要なポイントとなるのが、配合されている成分です。ニキビケアに効果的な成分として、次の3つが挙げられます。商品の成分表示を見て、配合の有無を確認しましょう。

サリチル酸

毛穴に詰まった古い角質を取り除き、ニキビの原因菌へのアプローチが期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウム

ニキビや肌荒れを防ぎます。

グリコール酸

肌を保湿しながら、古い角質をはがれやすくします。肌の汚れや古い角質によるくすみケアにも使用されています。

パルミチン酸レチノール

ターンオーバーをケアして、肌を健やかな状態へと導きます。

2.ニキビケアのための化粧品を使用する

ニキビケアに特化した医薬部外品のスキンケア用品として、洗顔料や化粧水、美容液、乳液、クレンジング剤など多様な種類が販売されています。できるだけ「ノンコメドジェニックテスト済」と記載された商品を選びましょう。ちなみにノンコメドジェニックテスト済とは、商品を使用した際に、ニキビの初期段階であるコメドが一定期間発症しなかったことを示すものです。(必ずしもすべての人に効果があるとは限りません)

ニキビのスキンケアにはプロアクティブ+がおすすめ

「ニキビ肌をなんとかしたいけど、できるだけ手間はかけたくない」。そんな方におすすめなのがプロアクティブ+の「スマートセット」。シンプルな3つのステップで、ニキビを効果的にケアします。

薬用洗顔料:スキン スムージング クレンザー

【効果】
ソフトスクラブを使用。古い角質や余分な皮脂を優しく取り除きます。有効成分サリチル酸を配合し、角質を柔らかくする効果が期待できます。ノンコメドジェニックテスト済。

【使い方】
朝晩2回使用。顔全体を濡らして適量を肌に伸ばします。マッサージするように洗ったら、ぬるま湯でよくすすいでください。最後にタオルを優しく当てて、水分を拭います。

薬用美容液:ポアターゲティング トリートメント

【効果】
毛穴の気にならない、なめらかで透明感のある肌へと導きます。プロアクティブが独自開発したスマートターゲット™テクノロジーを使用。有効成分が毛穴の奥まで浸透しやすい状態へと整えてくれます。

【使い方】
朝晩2回、洗顔後に使用。適量を肌に薄く伸ばし、十分に肌へなじませます。

薬用ジェル状クリーム:スキンコンディショニング セラム

【効果】
有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合。ニキビや肌荒れ予防に効果が期待できます。植物由来の保湿成分が、肌にうるおいを与え、弾力のある肌を目指します。

【使い方】
朝晩2回使用します。適量を顔全体に伸ばし、目の周りを避けて肌になじませます。

シンプルケアでニキビ知らずの美肌を手に入れよう

ニキビ肌を予防するには、シンプルなスキンケアを毎日正しく行うことが大切です。プロアクティブ+のお手入れは、基本の3ステップのみ。肌タイプや季節を問わず、幅広く使用できます。毎日のお手入れで、ニキビ知らずの美肌を手に入れましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top