Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
プロアクティブプラス【公式】ニキビケア化粧品通販サイト
0120-770-660
24時間365日
ご注文受付中

Gift注文

ログイン

電話注文

ご注文は
こちら

16年連続 薬用ニキビスキンケア 国内売上No.1!

膿ニキビを治すには?適切な対処法と悪化を抑えるための注意点

顔にニキビや吹き出物ができると気になりますよね。それがもし膿ニキビだったりしたら、誰かに見られる前に膿を押し出してしまいたい衝動にかられるかもしれません。しかし、自己流の処置はかえってニキビを悪化させてしまい、ニキビ跡にもなりかねません。ここでは膿ニキビの原因と適切な対処法を見ていくとともに、悪化を抑えるための注意点や改善方法についてご紹介いたします。

膿ニキビの基礎知識

まず、ニキビができる仕組みと、ニキビの初期段階から膿ニキビに変化していく過程を見ていきましょう。

ニキビができる仕組み

思春期の頃は、皮脂腺から皮脂が盛んに分泌されます。過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しニキビが発生するのです。
アクネ菌は肌の炎症を進め、赤い腫れや膿を持ったニキビを引き起こすこともあります。皮脂の過剰分泌は、ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥によるものが主な原因です。よって、ニキビは脂っぽい肌質の人だけでなく乾燥肌の人でもできるのです。

膿ニキビの特徴と原因

膿ニキビとは、ニキビの炎症が悪化して黄色く化膿した状態のものです。ニキビは白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと、進行するにつれて色が変化していきます。

初期の段階ではコメドと呼ばれるニキビの芯ができます。赤ニキビが進行すると膿ニキビ(黄ニキビ)になっていくのです。その膿は一体何かというと、菌の増殖を抑えようとした白血球の残骸なのです。膿ニキビは痛みやかゆみを伴う場合もあり、肌の炎症が深部まで進んでいる状態なため、ニキビ跡が残る可能性が高くなります。ニキビ跡には赤みを帯びたものや色素沈着してシミのように見えるもの、クレーター状になるものなどがあります。

膿ニキビの適切なケアと注意点、隠し方

膿ニキビの場合、医療機関で治療が必要になることもあります。膿ニキビを悪化させないためにも適切なケアがとても大切になってくるのです。

膿ニキビの適切な対処方法

医者

膿ニキビは症状の悪化が進んだ状態なため、セルフケアでの完治は難しくなります。早めに皮膚科を受診して、膿を押し出してもらいましょう。専門医が特殊な機器を使用し、周囲の皮膚を傷つけずに膿を排出してくれます。炎症がひどい場合は、ステロイド外用薬(塗り薬)やステロイド注射薬で炎症を抑えたり、抗生物質の内服薬を処方されたりすることもあります。そうなる前に、ニキビができにくい肌環境に整えることが大切です。

膿ニキビをケアするときの注意点

膿ニキビを自己流で潰すのは避けましょう。自己流で潰すと、肌を傷つけたり、クレーター状のニキビ跡が残ったりすることがあります。また、慢性化すると治りにくくなるので、なるべく触れないようにしてください。ダメージを受け、雑菌が入り込むと、炎症が悪化するおそれがあるので気をつけましょう。

膿ニキビの隠し方

膿ニキビを隠す方法として、ニキビパッチやファンデーションテープを使用したり、マスクを着用したりすることがあります。ただし、長時間マスクを着用すると、顔との擦れや蒸れにより肌に刺激を与えるおそれがあるため注意しましょう。また、清潔を保つために、こまめにマスクを取り替える必要もあります。

黄ニキビを悪化させないためにも、できる限りお化粧は避けた方が良いのですが、どうしてもメイクで隠したいときは、コンシーラーを使用する方法があります。コンシーラーはニキビケアに効果的な有効成分を含んだものがおすすめです。また、自分の肌色よりも暗い色を選ぶと、ニキビ跡が目立ちにくくなりますよ。

膿ニキビができにくい肌をつくるための予防法

膿ニキビができないことに越したことはありません。そのためにできる予防法を見ていきましょう。

患部を触らない

ニキビを触りそうな女性

むやみに患部を触らないようにしましょう。手指は汚れていないから大丈夫と思いがちですが、手指には雑菌がつき物で、ニキビを悪化させてしまうことも。また、触れることで肌が傷つき、角層が厚くなり、ターンオーバーを乱す原因となりやすいので気をつけましょう。

適切なスキンケア

適切な洗顔で清潔を保つことがとても重要です。ニキビケアに効果的なサリチル酸には、消炎作用、角質を軟化させる作用が期待できます。洗顔後は保湿を必ず行い肌の潤いを保つようにしてください。ニキビのもととなる「コメド」の発生を抑える、ノンコメドジェニック処方の化粧品を使うとよいでしょう。

生活習慣の改善

ニキビができにくい肌にするためには、生活習慣の改善をすることです。
栄養バランスの良い食生活を意識するように心掛けてください。偏った食事が皮脂の過剰分泌につながるという見方もあるので、1日3食をバランス良くとるようにしましょう。
皮脂が酸化するとニキビの炎症につながるため、抗酸化力のある(ビタミンA、C、E)食材を摂取するようにしてくださいね。

また、良質な睡眠を十分にとりましょう。不規則な睡眠はホルモンバランスを乱す原因となります。睡眠不足になると男性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂の分泌を促すことになるのです。また、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下などにつながるおそれが出てきます。

ストレスを溜めないようにすることも大切です。勉強や学校での人間関係などでストレスを感じることがあるかもしれませんが、ストレスの蓄積はホルモンバランスが不安定になる要因になり得るので気をつけましょう。

ちなみに、思春期ニキビができる主な原因が過剰な皮脂分泌であるのに対し、大人ニキビの原因は生活習慣と大きく関係しているといわれています。

適切なニキビケアをしながら、ニキビができにくい肌に

ニキビができてしまったら、なるべく早い段階で適切なケアができるようにしましょう。もし、炎症が進んでしまった場合は、セルフケアに頼らず、皮膚科専門医に診てもらってください。皮膚科ではケミカルピーリングやイオン導入などの治療を受けることもできます。
ニキビケアの正しい知識を身につけるとともに、生活習慣を見直して、ニキビができにくい肌にしていきましょう。

あわせて読みたい

Proactiv + Movie

ニキビの真実

top